人生にゲームをプラスするメディア

須田剛一に関するニュースまとめ一覧

任天堂も初協賛、「BitSummit 4th」が7月9日・10日開催・・・坂口博信氏も登壇 画像

任天堂も初協賛、「BitSummit 4th」が7月9日・10日開催・・・坂口博信氏も登壇

日本インディペンデント・ゲーム協会は、7月9日と10日に京都市勧業館“みやこめっせ”で開催する、国内インディーゲームの祭典「BitSummit 4th(フォース)」の開催概要を公開しました。Read more »

【RETRO51】SFCの異色RPG『ドラッケン』『スーパードラッケン』をプレイ―独特の世界観と擬似3Dフィールド 画像

【RETRO51】SFCの異色RPG『ドラッケン』『スーパードラッケン』をプレイ―独特の世界観と擬似3Dフィールド

グラスホッパー・マニファクチュアのゲームデザイナー「SUDA51」こと須田剛一氏とレトロゲームを探訪する連載企画「RETRO51」。今回はSFCの異色RPG『ドラッケン』とその続編『スーパードラッケン』をプレイします。Read more »

【レポート】須田剛一×イシイジロウによる「アート オブ グラスホッパー・マニファクチュア」発売記念トークイベント 画像

【レポート】須田剛一×イシイジロウによる「アート オブ グラスホッパー・マニファクチュア」発売記念トークイベント

パイ インターナショナルは、アートブック「アート オブ グラスホッパー・マニファクチュア」発売を記念し、紀伊國屋書店で“須田剛一×イシイジロウトークイベント&須田剛一サイン会”を開催しました。多くのファンが詰めかけたイベントレポートをお届けします。Read more »

須田剛一がアイスバケツチャレンジに挑戦!氷水を被ってiPhoneまでずぶ濡れに 画像

須田剛一がアイスバケツチャレンジに挑戦!氷水を被ってiPhoneまでずぶ濡れに

ゲーム業界の著名人も続々参加している「アイスバケツチャレンジ」。氷水を頭から被る豪快な企画に、日本のゲームクリエイター須田剛一氏も挑戦しています。Read more »

【RETRO51】「須田剛一×佐藤大=ゲーム第一世代」による「ノーコン・キッド」特濃対談 画像

【RETRO51】「須田剛一×佐藤大=ゲーム第一世代」による「ノーコン・キッド」特濃対談

ゲームデザイナー須田剛一とレトロゲームを探訪する連載企画「RETRO51」。新年一発目となる今回は、2月4日にDVDが発売をむかえるテレビ東京のドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』の原案・脚本を担当された佐藤大氏との対談です。Read more »

【RETRO51】須田ゲーテイスト満載!? 伝説のカルトゲーム『アウトフォクシーズ』で遊ぶ 画像

【RETRO51】須田ゲーテイスト満載!? 伝説のカルトゲーム『アウトフォクシーズ』で遊ぶ

ゲームデザイナー須田剛一とレトロゲームを探訪する連載企画「RETRO51」。今回は前回同様、グラスホッパー・マニファクチュアの新オフィスにて貴重なアーケードゲームを堪能しました。プレイしたタイトルは『アウトフォクシーズ』です。Read more »

【RETRO51】渋谷会館モナコ35年の歴史と共に振り返るSUDA51とゲームセンターの関わり 画像

【RETRO51】渋谷会館モナコ35年の歴史と共に振り返るSUDA51とゲームセンターの関わり

今回お届けする後編では、渋谷近辺のレトロな喫茶店に移動して、実際に遊んだゲームや同店の感想と共に、須田剛一氏のゲームセンターの思い出やレトロゲームに関する考えをたっぷり語ってもらいました。Read more »

【レポート】SUDA51 VS ゲーム業界を目指す学生 in 神戸電子専門学校セミナー 画像

【レポート】SUDA51 VS ゲーム業界を目指す学生 in 神戸電子専門学校セミナー

講演終了後、質疑応答の時間が設けられていました。ホールでの挙手によるやりとりがあった後、しばらく時間をおいてから情熱ある学生が6名集まり須田剛一氏へ質問を投げかけました。集まった6人はいわば次世代にして本物のSUDA51ファンです。Read more »

【レポート】インタビューSUDA51 vs Game*Spark in 神戸電子専門学校 画像

【レポート】インタビューSUDA51 vs Game*Spark in 神戸電子専門学校

セミナー終了後、グラスホッパー・マニファクチュア須田剛一氏に単独でのインタビューに応じていただきました。「誰?」な方GDCの押しかけインタビューあたりもご覧ください。Read more »

【レポート】神戸電子専門学校 ゲーム業界セミナー、グラスホッパー・マニファクチュア須田剛一氏が語る人材 像と組織論 画像

【レポート】神戸電子専門学校 ゲーム業界セミナー、グラスホッパー・マニファクチュア須田剛一氏が語る人材 像と組織論

今夏、神戸電子専門学校の在校生向けセミナーは外来者も一部見学可能となっています。そして8月7日に開催された講演には、なかば狂気的なファンの心を鷲づかみにして離さないSUDA51こと須田剛一氏が壇上に立ちました。Read more »

【RETRO51】SUDA51がレトロゲームを探訪する新連載 ― 35年余りの歴史に幕を閉じる老舗ゲームセンター「渋谷会館モナコ」へ 画像

【RETRO51】SUDA51がレトロゲームを探訪する新連載 ― 35年余りの歴史に幕を閉じる老舗ゲームセンター「渋谷会館モナコ」へ

ゲームデザイナー“SUDA51”こと須田剛一が、Game*Spark/インサイド編集部のスタッフ共に、懐かしのレトロゲームやアーケードゲームを探し求めて様々なスポットに足を運び、実際にゲームに触れながら、その魅力や特別な思いを語ります。Read more »

【台北国際ゲームショウ 2013】台湾でも大注目の『KILLER IS DEAD』、ステージ&記者発表は須田剛一氏の独擅場に 画像

【台北国際ゲームショウ 2013】台湾でも大注目の『KILLER IS DEAD』、ステージ&記者発表は須田剛一氏の独擅場に

2月2日に「台北国際ゲームショウ」のSCE特設ステージで開催されたPS3ソフト『KILLER IS DEAD』のイベントは、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏の独擅場となりました。イベント後の記者発表では本作の情報や作品にかける思いも語られました。Read more »

【GAME FAN in FUKUOKA】3DS新作『解放少女』、須田剛一が初めて作る本格シューティング 画像

【GAME FAN in FUKUOKA】3DS新作『解放少女』、須田剛一が初めて作る本格シューティング

3月18日に福岡市のアクロス福岡にて「GAME FAN in FUKUOKA」が開催されました。Read more »

【GDC2012】『ロリポップチェーンソー』須田剛一氏も登場したパーティ開催~ジュリエットもお披露目 画像

【GDC2012】『ロリポップチェーンソー』須田剛一氏も登場したパーティ開催~ジュリエットもお披露目

ワーナー・ブラザーズは現地時間5日、GDC会場から2ブロックほど離れた111 Minna Galleryにて、関係者を集めた『ロリポップチェーンソー』のセレプションパーティを開催しました。Read more »

【Xbox360 感謝祭】須田剛一の新作はピッチングアクション!『Diabolical Pitch』を紹介 画像

【Xbox360 感謝祭】須田剛一の新作はピッチングアクション!『Diabolical Pitch』を紹介

続いては、グラスホッパー・マニファクチュアが手掛けるXbox LIVEアーケード Kinect専用ソフト『Diabolical Pitch』が紹介されました。Read more »

【LEVEL5 WORLD 2011】須田剛一氏「本気度100%の3Dシューティングに」―『解放少女』  画像

【LEVEL5 WORLD 2011】須田剛一氏「本気度100%の3Dシューティングに」―『解放少女』

グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏が『GUILD01』向けに開発しているのが『解放少女』という3Dシューティングゲーム。Read more »

【TGS 2010】須田剛一、三上真司、山岡晃・・・3つの才能が揃った『シャドウ オブ ザ ダムド』 画像

【TGS 2010】須田剛一、三上真司、山岡晃・・・3つの才能が揃った『シャドウ オブ ザ ダムド』

エレクトロニック・アーツは京王プラザホテルにて「EA Tokyo Showcase」を開催。東京ゲームショウには残念ながら出展はないものの、世界のプレスに向けて最新作を披露しました。中でも最大の注目はグラスホッパー・マニファクチュアが開発する新作です。Read more »

【GDC 2009】上田文人、須田剛一、エミル・パグリアルーロ(Fallout 3)・・・日米の著名開発者がゲームデザインを語った 画像

【GDC 2009】上田文人、須田剛一、エミル・パグリアルーロ(Fallout 3)・・・日米の著名開発者がゲームデザインを語った

GDC3日目の25日(現地時間)、日米の著名開発者によるゲームデザインのパネルディスカッション“Evolving Game Design: Today and Tomorrow, Eastern and Western Game Design”(ゲームデザインの進化:今日と明日、西洋と東洋のゲームデザイン)が行われ、ストーリーゲームの企画と開発に関する議論が展開されました。Read more »

【CEDEC2007】須田剛一氏が「パンクの逆襲」を語った 画像

【CEDEC2007】須田剛一氏が「パンクの逆襲」を語った

ゲーム開発者向けのカンファレンスCEDECが東京大学で26日〜28日の会期で開催中ですが、2日目の27日16:40からはグラスホッパー・マニファクチュアで現在『NO MORE HEROES』を手掛ける須田剛一氏が登壇し「パンクの逆襲」というタイトルで講演を行いました。本講演は2部構成となっていて、1部は須田氏から今年のGDCの続きとも言える内容で講演があり、2部ではマーベラスの和田氏、ファミ通の加藤氏を迎えてトークセッションという形で進行されました。まず本稿では1部について紹介します。Read more »

【TGS2007】突撃リポート:須田剛一氏が語る『NO MORE HEROES』の爽快感とは 画像

【TGS2007】突撃リポート:須田剛一氏が語る『NO MORE HEROES』の爽快感とは

iNSIDEではこれまで2回にわたって、須田剛一氏の『NO MORE HEROES ノーモア★ヒーローズ』(以下、『NMH』)をフィーチャーしてきました。12月6日マーベラスエンターテイメントより発売されることも発表され、巷では序々に『NMH』の全貌が明らかになってきています。今回の東京ゲームショウ2007(以下、TGS2007)でも、マーベラスエンターテイメントブースの一角に陣取られた『NMH』のコーナーは、試遊台を前に多くのファンが立ち並ぶといった光景も確認できました。Read more »

グラスホッパー須田剛一氏に『シルバー事件』について訊く!(第2回) 画像

グラスホッパー須田剛一氏に『シルバー事件』について訊く!(第2回)

独特の世界観とゲーム作りでファンを魅了する、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏。現在はWii向け『NO MORE HEROES』やニンテンドーDS向け『シルバー事件』などを開発中だそうですが、今回、制作中の新作や須田氏のゲーム作りなどについてインタビューする機会が得られました。ボリューム満点の内容となっています。全3回で掲載していきます。Read more »

グラスホッパー須田剛一氏に『NO MORE HEROES』やゲーム作りについて訊く!(第1回) 画像

グラスホッパー須田剛一氏に『NO MORE HEROES』やゲーム作りについて訊く!(第1回)

独特の世界観とゲーム作りでファンを魅了する、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏。現在はWii向け『NO MORE HEROES』やニンテンドーDS向け『シルバー事件』などを開発中だそうですが、今回、制作中の新作や須田氏のゲーム作りなどについてインタビューする機会が得られました。ボリューム満点の内容となっています。全3回で掲載していきます。Read more »

グラスホッパー須田剛一氏講演「パンクは死なない」 画像

グラスホッパー須田剛一氏講演「パンクは死なない」

グラスホッパー・マニファクチュア代表で現在Wii向けに『NO MORE HEROES』を開発している須田剛一氏は、サンフランシスコで開催されたゲームデベロッパーズカンファレンス2007の最終日に「パンクは死なない(Punk's Not Dead)」と題した講演を行い、グラスホッパーのゲーム作りのスタイルについて話しました。Read more »

    Page 1 of 1