人生にゲームをプラスするメディア

e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表

CyberZは都内某所にて、e-Sportsの大会をより簡単に開催できるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」の国内リリースを発表しました。ベータ版は9月10日から配信されています。

ゲームビジネス 開発
e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
  • e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表
CyberZは都内某所にて、e-Sportsの大会をより簡単に開催できるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」の国内リリースを発表しました。ベータ版は9月10日から配信されています。

また、RIZeSTとの合弁会社として設立されるPLAYHERA JAPANの代表には、RAGE総合プロデューサーの大友真吾氏が就任することも同時に発表されました。

発表会では初めにCyberZの代表である大友氏が登壇。「様々な大会を開催する中で問題が浮き彫りになった」と話し、e-Sports産業発展に向けてやっていきたいこととして、「e-Sports大会の開催、運営をもっと手軽に」「競技プレイヤー層の拡大」「各ステークホルダーの収益性の向上」の3点を挙げました。



また、大会を開催する運営に大きな負担が掛かっていることや、ゲームをプレイしていても競技にまで参加するユーザーはまだまだ少ないこと。そして競技シーンの盛り上がりに対して、どのようにアプローチをかけたら良いかわからない企業が多くいることも、e-Sports発展に向けた課題と言えます。

これらを解決するために登場したのが、今回発表された「PLAYHERA」というプラットフォームです。



まず、大会を運営する際に一番ネックとなっていたのが、運営と参加者を結ぶコミュニケーション手段が複数に及んでしまうということ。これまでは参加者を募集するサイトや、諸連絡に使用するチャットアプリ、ゲーム内チャットなど多数の手段が必要になっていましたが、そこを「PLAYHERA」だけで完結させることができればすべてスムーズになり、参加者も運営もストレスフリーな大会になります。

また、ほかにも「(特にオンライン大会で)大会の日程を忘れてしまっていた」、「対戦相手がこない」「連絡を取るために新しいチャットアプリをインストールしなければならない」といった問題が大会には付き物です。この点については、「試合時間が近いことをプッシュ通知でリマインドする」、「それぞれの試合ごとにチャットルームが自動で設けられる」といった魅力的な機能が用意されているとのことでした。


もちろんそれぞれの試合ページから、画像添付を活用しながら運営側に結果報告も行えます。両チームからの結果報告を確認できるので、運営も安心して進行することが可能です。

また、GPS情報で実際に会場にいるプレイヤーのみがチェックインすることができ、オフラインの場でも対戦時間が通知でリマインドされるなど、様々なケースに対応することができます。


大会の開催以外にも魅力的なのがe-Sportsに特化したSNS機能です。プロフィール、クラン、タイムラインの3つの軸からなっています。


プロフィールには自分の大会実績やゲームのランク、使用デバイスを書くことが可能。同じゲームをプレイしているプレイヤーを探す際や、気になっているデバイスを使用しているプレイヤーを見つけて話を聞くこともできます。


クラン機能ではクラン内でのチャットや大会戦績の共有などが可能で、チームで行う大会であれば、クランで登録できます。


タイムラインの機能ではフォロワーの投稿に加えて、様々な大会の結果なども流れてくるので随時情報を取得することができます。


さらに有料となりますが、「PLAYHERA公式オンライン大会」を開催することができるとのアナウンスもありました。この公式大会では、スタジオを使用しての配信や、経験豊富なスタッフの協力といったサポートがあるため、万全の体制で大会が行えます。



全国のe-Sportsのオフライン施設にて、公認プラットフォームとしての活用も決定している「PLAYHERA」。色々な場所で使われれば、徐々に規模も大きくなっていくことでしょう。今後は、より多くの自治体との連携も強化していくというアナウンスもあり、見逃せないアプリと言えます。

《長尾太陽》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

    VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  2. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

    カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  5. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  6. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  7. 『勇者のくせになまいきだ。』や『Bloodborne』に携わった山本正美氏、SIE JAPANスタジオ退社を報告

  8. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  9. 【CEDEC 2011】家庭用とスマホのマルチ&世界展開~『ソニック4』に見る今の時代の家庭用ゲーム開発

  10. 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に

アクセスランキングをもっと見る