人生にゲームをプラスするメディア

ゲームビジネス 開発ニュース記事一覧

AIはクリエイターの創作をどう助けるか?「CLIP STUDIO PAINT」の機能に見るAI活用事例【CEDEC 2019】 画像

AIはクリエイターの創作をどう助けるか?「CLIP STUDIO PAINT」の機能に見るAI活用事例【CEDEC 2019】PR

「CLIP STUDIO PAINT」に魅力的な新機能を提供したAIフレームワーク「ailia SDK」とは? 「CEDEC 2019」のセミナー「CLIP STUDIO PAINTでのディープラーニング活用事例とAIフレームワークailia SDKの紹介」のレポートをお届けします。Read more »

0
『キングダム ハーツ』シリーズのHD開発スタッフをスクエニが募集中!必要スキル欄には「PS4/Xbox One世代の制作経験」という表記も 画像

『キングダム ハーツ』シリーズのHD開発スタッフをスクエニが募集中!必要スキル欄には「PS4/Xbox One世代の制作経験」という表記も

スクウェア・エニックスの第一開発事業本部より、『キングダム ハーツ』シリーズのHD開発スタッフ募集に関する求人が掲載されました。Read more »

0
もはやなくてはならない存在に―スマートフォンゲーム制作におけるCLIP STUDIO PAINTの活用事例【CEDEC 2019】 画像

もはやなくてはならない存在に―スマートフォンゲーム制作におけるCLIP STUDIO PAINTの活用事例【CEDEC 2019】PR

セルシスのイラスト・マンガ・アニメーション制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」は、プロの創作現場ではどのように活用されているのでしょうか?CEDEC 2019のセミナー「CLIP STUDIO PAINTによるビジュアルデザイン事例」のレポートをお届けします。Read more »

0
5G環境下のゲームの可能性とは「5Gでゲーム作りはどう変わる?」セッションレポ【CEDEC 2019】 画像

5G環境下のゲームの可能性とは「5Gでゲーム作りはどう変わる?」セッションレポ【CEDEC 2019】

「CEDEC 2019」にて、次世代の通信テクノロジー5Gとゲーム分野に関するセッション「5Gでゲーム作りはどう変わる?~そろそろ気にしておきたい5G最前線~」が開催。5G環境下における遅延対策について発表が行われた。Read more »

0
VRゲーム開発で大切なのは「プレイヤーの興奮を醒めさせないこと」『エースコンバット7』VRモードセッションレポ【CEDEC 2019】 画像

VRゲーム開発で大切なのは「プレイヤーの興奮を醒めさせないこと」『エースコンバット7』VRモードセッションレポ【CEDEC 2019】

「CEDEC 2019」にてフライトシューティングゲーム『エースコンバット7 スカイズ』のVRモード開発に関するセッションが実施された。VRモード開発で得た知見や、プレイヤーの興奮を維持するのに必要な場の盛り上げ方を開発者2名が語る。Read more »

0
テトリスエフェクトの感動的な音楽体験はいかにして作られたか?~Wwiseをフル活用したインタラクティブサウンドの構築【CEDEC 2019】 画像

テトリスエフェクトの感動的な音楽体験はいかにして作られたか?~Wwiseをフル活用したインタラクティブサウンドの構築【CEDEC 2019】PR

水口哲也氏率いるエンハンスが開発し海外メディアからも賞賛された『テトリスエフェクト』。CEDEC 2019では、その音楽的演出について同社の武藤昇氏が解説しました。Audiokinetic Wwiseを用いたサウンド構築のテクニックに迫ります。Read more »

0
全世界で愛されているAndroidエミュレーター「NoxPlayer 」をTGSで体験!至れり尽くせりな機能が嬉しい 画像

全世界で愛されているAndroidエミュレーター「NoxPlayer 」をTGSで体験!至れり尽くせりな機能が嬉しいPR

ノックスデジタルエンターテインメント(中国)は、2017年より日本でも配信中のAndroidエミュレーター「NoxPlayer」を東京ゲームショウ2019に出展しました。実際にプレイして充実の機能を体感しました。Read more »

0
e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表 画像

e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表

CyberZは都内某所にて、e-Sportsの大会をより簡単に開催できるコミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」の国内リリースを発表しました。ベータ版は9月10日から配信されています。Read more »

0
中国武術を説得力ある3Dアニメーションに仕立てるには―型と実演を織り交ぜて解説【CEDEC 2019】 画像

中国武術を説得力ある3Dアニメーションに仕立てるには―型と実演を織り交ぜて解説【CEDEC 2019】

CEDEC 2019のセッション「アニメーション制作に役立つ中国武術のバトルモーション」では、いかに中国武術の動きをアニメーションに生かせるかが語られました。Read more »

0
『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術 画像

『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術PR

『テトリス エフェクト』のサウンド演出を題材としながら、制作コンセプトやWwiseによる実装手法について、CEDEC 2019基調講演も務める水口哲也氏とサウンドディレクター武藤昇氏にそのこだわりと制作の裏側をお聞きしました。Read more »

0
ブロックチェーンを活用したゲームアプリ「GameDays」の最新バージョン1.3が公開―ニュース機能を拡充 画像

ブロックチェーンを活用したゲームアプリ「GameDays」の最新バージョン1.3が公開―ニュース機能を拡充

株式会社イードは、ブロックチェーンを活用し「ゲームを遊ぶことが価値になる」トークンエコノミーの構築を目指すアプリ「GameDays」の最新バージョン1.3を2019年7月30日に公開しました。Read more »

0
『ボーダーブレイク』プロデューサーインタビュー!牛マン、セガらしいアーケード愛と共創を熱く語る 画像

『ボーダーブレイク』プロデューサーインタビュー!牛マン、セガらしいアーケード愛と共創を熱く語る

2019年9月9日をもって、アーケード版のサービス終了告知が行われた『ボーダーブレイク』。同作のシリーズプロデューサーである牛マンこと青木盛治氏に、これまでの振り返りや今後の展望をお聞きしました。Read more »

0
『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている 画像

『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

スクウェア・エニックスは、第二開発事業本部にて、『ドラゴンクエストXI』に続く「ドラゴンクエスト新規タイトル」のプロジェクトが発足したことを明らかにしました。Read more »

0
スクエニ、『FF XIV』に続く新規プロジェクトに伴いスタッフ募集開始ー『FF VII REMAKE』でも募集 画像

スクエニ、『FF XIV』に続く新規プロジェクトに伴いスタッフ募集開始ー『FF VII REMAKE』でも募集

スクウェア・エニックスは、第三開発事業本部にて『FINAL FANTASY XIV』に続く新規プロジェクトを進行中であると明らかにしました。Read more »

0
マーベラス、『牧場物語』モバイルゲーム展開に関するライセンス契約をテンセントゲームスと締結 画像

マーベラス、『牧場物語』モバイルゲーム展開に関するライセンス契約をテンセントゲームスと締結

マーベラスは、『牧場物語』のモバイルゲーム展開について、テンセントゲームスとのライセンス契約を締結したと発表しました。Read more »

0
「プロの映像クリエイターがツールを選ぶ基準は?“設計思想”が優れた「Media & Entertainment Collection」―CGCGスタジオ沖縄本社における活用事例 画像

「プロの映像クリエイターがツールを選ぶ基準は?“設計思想”が優れた「Media & Entertainment Collection」―CGCGスタジオ沖縄本社における活用事例PR

CGCGスタジオにおけるMedia & Entertainment Collection の活用事例をお訊きしました。Read more »

0
「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く 画像

「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊くPR

今回は、アトラスとINSPIONに、 『キャサリン』サウンドの目指したコンセプトと到達地点、そしてサウンド実装の根幹を 支えたミドルウェア「CRI ADX2」について訊いていきます。Read more »

0
【UPDATE】『グラブル』キャラクターにお菓子を贈れる「バレンタインキャンペーン」が開始─「猫」にプレゼントすると動物愛護団体への寄付に 画像

【UPDATE】『グラブル』キャラクターにお菓子を贈れる「バレンタインキャンペーン」が開始─「猫」にプレゼントすると動物愛護団体への寄付に

サイゲームスは、スマホ向けRPG『グランブルーファンタジー』において、「バレンタインキャンペーン」の注文受付をオフィシャルストア「CyStore」にて開始しました。Read more »

0
活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く 画像

活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊くPR

『FGO』やその他の新規プロジェクトの技術基盤とインフラを力強く支える技術部マネージャー 甲氏(かぶと)に、技術的な取り組みや技術部としてアウトプットを重要視する理由を伺いました。Read more »

0
ディライトワークス、デバッグ専門スタジオを新設―自社ゲームの更なる品質向上を目指す 画像

ディライトワークス、デバッグ専門スタジオを新設―自社ゲームの更なる品質向上を目指す

ディライトワークスは、デバッグ業務を行う「ディライトワークス株式会社 大阪QAスタジオ」(以下、本QAスタジオ)を、大阪府大阪市にて2019年2月1日に新設すると明かしました。Read more »

0
「ディライトワークス肉会Vol.8」2019年1月11日に開催…塩川洋介氏が在籍するスタジオのキャリア相談会を実施 画像

「ディライトワークス肉会Vol.8」2019年1月11日に開催…塩川洋介氏が在籍するスタジオのキャリア相談会を実施

ディライトワークスは、「肉会(MEAT MEETUP)Vol.8 DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios キャリア相談会」を、2019年1月11日に開催します。Read more »

0
インディーゲームでも8人同時対戦が簡単に―アロービットゲームスタジオ『モグモグガンガン』を支えるモノビットエンジン 画像

インディーゲームでも8人同時対戦が簡単に―アロービットゲームスタジオ『モグモグガンガン』を支えるモノビットエンジンPR

12月14日発売『モグモグガンガン』を事例に、マルチプレイにおけるネットワーク周りを「モノビットエンジン」でどう実装したのか伺うべく、アロービットゲームスタジオ代表 奥谷氏とプログラマを務める伊藤氏にインタビューを行いました。Read more »

0
「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート 画像

「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

株式会社Live2Dが主催する「alive2018」イベントレポートをお届けします。本稿ではセッション「ひなビタ♪ライブ2018のLive2D制作について」として、ARライブ映像の制作手法について報告致します。Read more »

0
スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理 画像

スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

マーケティングスタジオ「ONNE Marketing Studio」を運営するONNE LLPは、「スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)」を公開しました。Read more »

0

もっと見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 66