人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

海外ゲーム、いや“洋ゲー”の魅力といえば何か。日本にはない発想、圧倒的な自由度、そして過激なバイオレンス表現! ということで本記事では『閲覧注意! 過激なバイオレンスゲーム』と題して、これまでに発売されたゲームの中でも過激な作品をご紹介します。

その他 全般
【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

3位: バイオレンスの王道!『Postal』シリーズ

バイオレンスゲームの筆頭として挙げられることが多い『Postal』シリーズは、いくつかの国で発売禁止になったり、実際に起きた銃乱射事件の一因ではないかと騒がれたりで、知名度抜群の作品。初代『Postal』は発売から18年近く経ちますが、「いけないことをしている」というアンダーグラウドな感覚は今なお色褪せていません。


『Postal 2』は“お使い”をメインにしたギャグ路線へと変貌。こちらから入ったという方も多いのではないでしょうか。2015年4月には約10年ぶりの最新DLC「Paradise Lost」が配信されており、息の長い人気が伺えます。え? 最新作の『Postal III』? 知らないですねぇ……


2がベースの実写映画版。監督は原作破壊で知られるウーヴェ・ボル氏ですが、本作とは馬が合ったようです

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

    100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

  2. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  3. インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

    インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

  4. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case26「タイムマシンによろしく! その4」

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  7. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】なんでオンラインプレイは有料化されるの?

  9. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンハン:ワールド』に【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る