人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

海外ゲーム、いや“洋ゲー”の魅力といえば何か。日本にはない発想、圧倒的な自由度、そして過激なバイオレンス表現! ということで本記事では『閲覧注意! 過激なバイオレンスゲーム』と題して、これまでに発売されたゲームの中でも過激な作品をご紹介します。

その他 全般
【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

7位: 純粋なバイオレンスの復活!『Hatred

初代『Postal』の現代版とでも言うべき作品で、北米のレーティング分類において、暴力表現がもとでAdults Only認定(18歳未満提供禁止)された数少ないタイトルの1つ。発表直後から話題を呼び、Steam Greenlightでの公開停止処分を受けつつも後に復帰し、2015年6月に無事発売となりました。


ゲームとしての評価はあまり良いものではありませんでしたが、環境の破壊表現は派手ですし、何より昨今では貴重な純粋バイオレンスということで、筆者的には非常に満足。ちなみに、現在は無料のサバイバルモードDLCが配信されており、ボリュームが増しています。


《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. カラオケで歌いたいアニソンといえば?『ハルヒ』「God knows...」を抑えたトップは…

    カラオケで歌いたいアニソンといえば?『ハルヒ』「God knows...」を抑えたトップは…

  2. ビ・ハイアの民事訴訟について、同社代表取締役が反論─「事実とはまったくかけ離れた虚偽」

    ビ・ハイアの民事訴訟について、同社代表取締役が反論─「事実とはまったくかけ離れた虚偽」

  3. ミニスカートが似合うキャラといえば? 「ワンピース」ナミを抑えたトップは…男性キャラもランクイン

  4. どのバトルロイヤルゲームが一番好き?【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る