人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

海外ゲーム、いや“洋ゲー”の魅力といえば何か。日本にはない発想、圧倒的な自由度、そして過激なバイオレンス表現! ということで本記事では『閲覧注意! 過激なバイオレンスゲーム』と題して、これまでに発売されたゲームの中でも過激な作品をご紹介します。

その他 全般
【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

5位: 洋ゲー代表格!『Mortal Kombat』シリーズ

もはや説明不要。この手のランキングでは必ず名前が挙がるバイオレンス対戦格闘ゲームです。怪しげなキャラクターたちによる殺戮の宴は今なお高い人気を誇っており、『ストリートファイター』シリーズなどと並んで大会が開催されることもしばしば。実はストーリー面も意外としっかりしています。


『Mortal Kombat』フェイタリティ集

最大の特徴である「フェイタリティ」(対戦相手にとどめを刺す残虐技)はシリーズを重ねるごとに進化し続けており、最新作ではグロさもマックスです。日本なら画面がずっと暗転しっぱなしになるであろうフェイタリティですが、海外の方のプレイを見ていると大笑いしていたりするので、根本的な感性が違うのでしょう……。なお、本作の登場後は多くのクローン作品が作られました。


『Mortal Kombat X』フェイタリティ集(2015年4月時点)

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「コスプレ博 in TFT」美女コスプレイヤー集結!「FGO」クレオパトラからキングテレサ姫まで【写真137枚】

    「コスプレ博 in TFT」美女コスプレイヤー集結!「FGO」クレオパトラからキングテレサ姫まで【写真137枚】

  2. 「星のカービィ ワンフロアまるごと 絵本のせかい」10月26日より開催―入場無料!限定グッズも販売

    「星のカービィ ワンフロアまるごと 絵本のせかい」10月26日より開催―入場無料!限定グッズも販売

  3. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

    「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  4. ラスボスキャラといえば?「ジョジョ」DIOを抑えたトップは!?「ジャンプ」アニメのボスが集結

  5. ポケカ「GXウルトラシャイニー」で狙ってるGXポケモンを教えて!【読者アンケ】

  6. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  7. ポケモンカード「GXウルトラシャイニー」11月2日発売─あの「テテフ」はもちろん、色違いGX「ジガルデ」&「レックウザ」も収録!

  8. 【吉田輝和の絵日記】おじさんも出演したアニメ「ちおちゃんの通学路」円盤BOX特典の横スクACTをプレイしてきた!

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. ガチゲーマー本田翼さんがゲーム実況をメインとしたYouTubeチャンネルを開設!9月22日21:00から

アクセスランキングをもっと見る