人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

その他 全般

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

5位: 洋ゲー代表格!『Mortal Kombat』シリーズ

もはや説明不要。この手のランキングでは必ず名前が挙がるバイオレンス対戦格闘ゲームです。怪しげなキャラクターたちによる殺戮の宴は今なお高い人気を誇っており、『ストリートファイター』シリーズなどと並んで大会が開催されることもしばしば。実はストーリー面も意外としっかりしています。


『Mortal Kombat』フェイタリティ集

最大の特徴である「フェイタリティ」(対戦相手にとどめを刺す残虐技)はシリーズを重ねるごとに進化し続けており、最新作ではグロさもマックスです。日本なら画面がずっと暗転しっぱなしになるであろうフェイタリティですが、海外の方のプレイを見ていると大笑いしていたりするので、根本的な感性が違うのでしょう……。なお、本作の登場後は多くのクローン作品が作られました。


『Mortal Kombat X』フェイタリティ集(2015年4月時点)

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』ジュラルミン製iPhoneケースの限定予約が開始―どんな衝撃からもサーヴァントが守ってくれる!

    『FGO』ジュラルミン製iPhoneケースの限定予約が開始―どんな衝撃からもサーヴァントが守ってくれる!

  2. お値段約100,000円!『仁王』ウィリアムの1/4フィギュア受注スタート

    お値段約100,000円!『仁王』ウィリアムの1/4フィギュア受注スタート

  3. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

  4. 『ドラクエVR』4月27日稼働開始!アクティビティの予約は本日4月20日からスタート

  5. 「ガンダムシリーズ新作発表会」4月20日に開催! 最新作と関連プロジェクトを明かす

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 全米高等学校連盟が“e-Sports”を競技として採択―シュータータイトルは適応外

  8. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』大型アップデートで新古龍が登場、海外ゲーマーが『スマブラDX』のタイムレコード更新、『KORG Gadget for Nintendo Switch』配信日決定…など(4/19)

アクセスランキングをもっと見る

1