人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

その他 全般

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

2位: 一部キャラの設定がヤバイ!『Thrill Kill

1990年代後半にParadox Developmentが開発していた3D対戦格闘ゲーム『Thrill Kill』。モータルコンバット的なゲームとして発売を控えていましたが、パブリッシャーのVirgin InteractiveがEAによって買収され、その結果EAのブランドイメージにそぐわないという理由で発売中止に(ゲームは既に完成していた)。後日、開発に関わっていたスタッフがゲームデータを流出させたことで、プレイ映像などが続々とインターネット上に登場しました。


地獄に落ちた犯罪者達が現世への復活をかけて殺しあうという本作は、流血・残虐表現よりもむしろ登場キャラクターの設定に問題があります。自分の顔にトラバサミを移植した整形外科医、独自に死刑執行を行っていた地裁判事などはまだマシな方で、倫理的にマズイのがチラホラ……。ちなみに本作のエンジンは『Wu-Tang: Shaolin Style』や『X-Men: Mutant Academy』などに使用されました。また、Paradox Developmentは後にMidway Studios Los Angelesとして『Mortal Kombat: Shaolin Monks』の開発にも携わっています。


フェイタリティ集

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 内田彩さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「けもフレ」かばんを抑えたトップは…

    内田彩さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「けもフレ」かばんを抑えたトップは…

  2. 「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

    「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

  3. 【動画】7月26日はニコ生へ!インサイドちゃんプレゼンツのVTuber企画が始動!?

  4. 【週刊インサイド】「3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選をチェックしよう─チキンラーメン公式Twitterの『FGO』愛にも注目集まる

  5. 舞台「ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018 ~The End of 希望ヶ峰学園~」過酷なデスゲームを“眼前”で徹底再現! 希望が希望を殺す物語がここに・・・【ゲネプロリポート】

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【昨日のまとめ】「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る美少女レイヤーインタビュー、『スプラトゥーン2』この1年を振り返り、サバイバルSRPG『デジモンサヴァイブ』発表…など(7/21)

アクセスランキングをもっと見る