人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

その他 全般

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

海外ゲーム、いや“洋ゲー”の魅力といえば何か。日本にはない発想、圧倒的な自由度……そして過激なバイオレンス表現! ということで本記事では『閲覧注意! 最も過激なバイオレンスゲーム』と題して、これまでに発売されたゲームの中でも、特に過激で残忍な作品10本を、筆者の独断チョイスでご紹介します(純粋なホラー・SF系の作品は除外しているのであしからず)。



なお、動画が多数のため、ページ分割で順番にお届けしていきます。ご了承ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

10位: 溢れる脳内麻薬!『Hotline Miami』シリーズ

強烈なビジュアル・音楽・世界観で国内外のゲーマーを魅了したトップダウン視点のシューター。2Dながらも緻密なグラフィックとアニメーションで描かれる殺害シーンは、他の3Dバイオレンスゲームに引けを取りません。


世界観は映画「ドライヴ」やデヴィッド・リンチ作品などにインスパイアされている本シリーズですが、ゲームプレイは国内サイト ひもじ村(Ikiki Games)で公開されているフリーゲームに影響を受けているのだそうです。


《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  2. 『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

    『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

  3. シリーズ30周年記念本「ストリートファイター メモリアル・アーカイブ Beyond the World」3月24日発売決定

    シリーズ30周年記念本「ストリートファイター メモリアル・アーカイブ Beyond the World」3月24日発売決定

  4. 死にゲー名作『Bloodborne』のfigma化第2弾「時計塔のマリア」が発表!

  5. 『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』の「ガーディアン」がねんどろいどに―「ピッ…!」という機械音が聞こえてきそう

  7. 【昨日のまとめ】『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応、『ゼノブレイド2』セイレーンやヒカリが立体化、『FGO』「一番好きなちびっこサーヴァントは?…など(2/19)

  8. 『スプラトゥーン』ガールがfigma化!―パーツ交換で『2』バージョンに

アクセスランキングをもっと見る