人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

海外ゲーム、いや“洋ゲー”の魅力といえば何か。日本にはない発想、圧倒的な自由度、そして過激なバイオレンス表現! ということで本記事では『閲覧注意! 過激なバイオレンスゲーム』と題して、これまでに発売されたゲームの中でも過激な作品をご紹介します。

その他 全般
【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

8位: 歩行者は得点源!『Carmageddon』シリーズ

映画「デス・レース2000年」からインスパイアされたバイオレンスカーアクションゲーム。レースとは言っても必ずしもコースを周回する必要はなく、様々なパワーアップアイテムでライバルカーを潰したり、コースをそれて歩行者をはねとばすことができたりと(しかも得点が入る)、自由度高めなゲームとなっています。国によっては発売禁止あるいは「血の色を赤から緑に変更」「歩行者をゾンビやロボットに置き換え」などの規制をかけて販売されました。


初代『Carmageddon』

デベロッパーStainless GamesのNeil Barnden氏は本シリーズのバイオレンス表現について、“トムとジェリーのようなもの”例えており、どちらかと言えばギャグ寄りの作品であることを明かしています。確かにやってることは「チキチキマシン猛レース」にも近い。


最新作『Carmageddon: Reincarnation』

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『Fate』Prisma☆Klangfestのイリヤがフィギュア化!ステージ上で熱唱する魔法少女を魅力たっぷりに再現

    『Fate』Prisma☆Klangfestのイリヤがフィギュア化!ステージ上で熱唱する魔法少女を魅力たっぷりに再現

  2. 特別カラーの『レトロフリーク』が数量限定で1月31日より発売!新色の周辺機器も登場

    特別カラーの『レトロフリーク』が数量限定で1月31日より発売!新色の周辺機器も登場

  3. 『FGO』英霊正装を纏ったマシュがフィギュアになって登場!二周年記念の思い出をその手に

    『FGO』英霊正装を纏ったマシュがフィギュアになって登場!二周年記念の思い出をその手に

  4. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

  5. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!やはり「こすってつまんでパンツを穿かせるRPG」の関連作品か?

  6. 『ダークソウル』束の間の安息を与える「篝火」がスタチューで登場―ライトアップギミックにより“灯す瞬間”を再現

  7. 「ドラゴンボール」新作ゲームの情報が明らかに―「Z」世界を舞台にしたアクションRPG!

  8. 「ポケモンマーク」×「文字」で作るオーダーメイドネックレス1月25日発売!ピカチュウ、イーブイなど19種類がラインナップ

  9. 『エースコンバット』好き海外女性モデルが語る『エスコン』事情とは?河野氏対談&インタビュー

アクセスランキングをもっと見る