人生にゲームをプラスするメディア

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

その他 全般

【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10
  • 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

8位: 歩行者は得点源!『Carmageddon』シリーズ

映画「デス・レース2000年」からインスパイアされたバイオレンスカーアクションゲーム。レースとは言っても必ずしもコースを周回する必要はなく、様々なパワーアップアイテムでライバルカーを潰したり、コースをそれて歩行者をはねとばすことができたりと(しかも得点が入る)、自由度高めなゲームとなっています。国によっては発売禁止あるいは「血の色を赤から緑に変更」「歩行者をゾンビやロボットに置き換え」などの規制をかけて販売されました。


初代『Carmageddon』

デベロッパーStainless GamesのNeil Barnden氏は本シリーズのバイオレンス表現について、“トムとジェリーのようなもの”例えており、どちらかと言えばギャグ寄りの作品であることを明かしています。確かにやってることは「チキチキマシン猛レース」にも近い。


最新作『Carmageddon: Reincarnation』

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

    「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

  2. 【昨日のまとめ】「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る美少女レイヤーインタビュー、『スプラトゥーン2』この1年を振り返り、サバイバルSRPG『デジモンサヴァイブ』発表…など(7/21)

    【昨日のまとめ】「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る美少女レイヤーインタビュー、『スプラトゥーン2』この1年を振り返り、サバイバルSRPG『デジモンサヴァイブ』発表…など(7/21)

  3. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

    【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  4. 『R6S』や『Overwatch』などコスプレイヤーが集う!コミケ93ゲーム系コスプレフォトレポ前編【年末年始特集】

  5. 歌舞伎町で"リアル龍が如く"を満喫!『龍が如く』体験型ゲーム『100億の少女誘拐事件』が開催中

  6. 【アナログゲーム決死圏】第17回:ミニチュアゲームを始めよう! ~塗装その2~

アクセスランキングをもっと見る