人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『Pokemon GO』が成り立つまで…『ポケモン』&『イングレス』これまでの取り組みを振り返る

2015年9月10日に発表されたAndroid/iOS『Pokemon GO』。この記事では、その成り立ちについて、当サイトの関連記事と合わせてご紹介します。

モバイル・スマートフォン Android
9月10日にiOS/Androidアプリ『Pokemon GO』が発表されました。『ポケットモンスター』シリーズを展開する株式会社ポケモン、そして位置情報を利用した陣取りゲーム『イングレス』を開発したナイアンティック、さらには任天堂も専用ハードの開発・製造に協力するというプロジェクトになっています。

『Pokemon GO』は、まさしくそれらの企業の技術が活用されたゲームになっており、位置情報を活用し現実世界で「ポケモン」の捕獲・交換・バトルを体験することが可能。家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとの出会いを通じてゲームを楽しめます。


今回は、『Pokemon GO』が発表されるまでにおいて、Googleおよびナイアンティック、そして株式会社ポケモンの取り組んできたことを、関連した当サイトの記事と合わせてご紹介します。

◆『イングレス』とは?



『イングレス』は、2013年にGoogleから配信されたゲームです。スマートフォンのGPS機能を利用し、現実世界にある各地の「ポータル」とリンクし陣地を奪い合うというルールになっています。物珍しい内容ということもあり、まずはゲームとして人気を博しました。



そして、現実世界を舞台にしていることもあり、地域の活性化に繋がるといった副次的効果も発生。まさしくゲームの外に飛び出し現実を巻き込むほど流行は大きくなり、第18回メディア芸術祭では『イングレス』が大賞を受賞したほか、公式イベントも盛り上がったようです。

なお、2015年8月には、本作の開発・運営を担当しているナイアンティックがGoogleから独立しています。

【関連記事】

話題のグーグル発のゲーム 現実世界を舞台にした陣取りゲーム『Ingress』の魅力とは
第18回メディア芸術祭、大賞は『Ingress』に!ゲームが受賞するのは『Wii Sports』以来7年ぶり
5000人ものエージェントが集結!『Ingress』公式イベント「Darsana Tokyo」で起こった事とは
【年末年始】正式サービスから1年で世界を熱狂に巻き込んだ陣取りゲーム『Ingress』の軌跡
『Ingress』開発・運営のNiantic Labs、Googleより独立

◆Googleとポケモンの関係



さて、Googleと株式会社ポケモンの繋がりとしては、2014年4月1日に行われた「グーグルマップ ポケモンチャレンジ」が挙げられるでしょう。これは、「グーグルマップ」に登場するさまざまなポケモンを捕まえて遊ぶというエイプリルフールのジョークでした。


しかし、画像にあるピンのようなアイコンを良く見てみると、『Pokemon GO』の専用デバイスである「Pokemon GO Plus」にそっくり。『Pokemon GO』の企画は2年前から取り組まれていたとのことなので、このデザインもある程度は意図されたものなのかもしれません。

またGoogleはイベント終了後、世界の“ポケモンマスター”に名刺風の認定カードを送付するといったことも行っていました。

【関連記事】

グーグルマップでポケモンゲットだぜ!
Googleが世界中の“ポケモンマスター”に名刺風認定カードを送付、世界中から報告が

◆そして『Pokemon GO』へ


このような経緯があれば、『ポケモン』と『イングレス』が結びつくのも不自然ではないでしょう。

また、ナイアンティックの川島優志氏が『Pokemon GO』に関するメッセージを公開しています。このメッセージでは、これまでの本作への取り組みや、亡くなった任天堂の岩田氏に対する思いが綴られています。




【関連記事】

ポケモン×イングレスな『Pokemon GO』発表会 リアルタイムレポート(更新終了)
ポケモンを“リアル”で捕まえろ!『Pokemon GO』詳細情報が解禁
『Pokemon Go』と連携して楽しめる新デバイス「Pokemon Go Plus」を間近でチェック
【レポート】岩田聡と共に追いかけた『Pokemon Go』への想いを石原恒和や宮本茂が語る

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『Pokemon GO』は2016年サービス開始予定で、基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。

(C)2015 Poke'mon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(C)2015 Niantic, Inc.
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アナザーエデン』「サイラス」の★5クラスがついに開放!Ver 1.8.6アップデート情報公開

    『アナザーエデン』「サイラス」の★5クラスがついに開放!Ver 1.8.6アップデート情報公開

  2. 『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

    『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

  3. 3Dアバター作成&ライブ配信アプリ『トピア』iOS/Android版が同時リリース―約3~5頭身の体型変更も可能!

    3Dアバター作成&ライブ配信アプリ『トピア』iOS/Android版が同時リリース―約3~5頭身の体型変更も可能!

  4. 『アズールレーン』新R空母「ワスプ」が公開―ファスナーをガバッと開けた大胆衣装!

  5. 『ポケモンGO』「ダンバル」のコミュニティ・デイが後日再度開催へ―理由は一部地域での障害発生によるため

  6. 『アズールレーン』新SR戦艦「コロラド」が公開―新たなユニオン艦続々紹介中!

  7. ダンバル色違いゲット出来た?一部地域では通信障害も【ポケモンGO 秋田局】

  8. 『トリプルモンスターズ』12月21日をもってサービス終了へ―配信開始から約8ヶ月で幕を下ろす

  9. 手軽に3Dアバターを作成できる『Vカツ』iOS版配信開始─300以上の項目がカスタマイズできるほか、男性キャラにも対応

  10. iOS向けVTuberアプリ『REALITY Avatar』正式運用開始─アバターを作成すれば即デビュー!

アクセスランキングをもっと見る