人生にゲームをプラスするメディア

『ウマ娘』は“女性軽視”で大炎上など起きていない―トレンドワードで意見を語る危険性

「#女性軽視」で「#批判殺到」という根拠は見つかりませんでした。トレンドワードをもとに何かを発信してしまう前に、ソースの信ぴょう性を確認するように心がけましょう。

モバイル・スマートフォン iPhone
『ウマ娘』は“女性軽視”で大炎上など起きていない―トレンドワードで意見を語る危険性
  • 『ウマ娘』は“女性軽視”で大炎上など起きていない―トレンドワードで意見を語る危険性
  • 『ウマ娘』は“女性軽視”で大炎上など起きていない―トレンドワードで意見を語る危険性
Cygamesが手掛けるスマホ向け育成シミュレーション『ウマ娘 プリティーダービー』。記事執筆現在(2021年3月7日15時30分)で、「#女性軽視 」「#批判殺到 」「#フェミニスト」というワードが本作と紐づく形で、Twitterトレンド入りするなど話題となっています。

本サイトでも積極的に本作に関するトピックスを紹介していますが、少なくともユーザーコミュニティの中でそんな反応がピックアップされているのを筆者は見たことがありません。


そこで発信元を探ってみると、たどり着いたのが株式会社メディアーノが運営する「秒刊SUNDAY」というWebサイト。カテゴリが常設されていることから、いわゆる“炎上ネタ”を積極的に扱うニュースサイトのようですが、3月7日9時46分に投稿された記事タイトルが下記です。

馬を女体化した美少女ゲー「ウマ娘」が、女性軽視とフェミ女性から批判殺到、大炎上

その内容を確認すると、なんてことはない。全く根拠を提示しないままに事象について紹介されています。本作がその人気ぶりからTBSの情報バラエティ番組「新・情報7daysニュースキャスター」にて紹介されると、下記のような反応がどこかであったそうです。

もちろん最も強烈に反応したのは、女性解放思想をもつ「フェミニスト」たちであります。彼女らの意見としては

・気持ち悪い
・マー君も夢中とか取り上げるな!
・日本人の男性の感情は狂っているのか
・見た瞬間嫌な気持ちになった
・女性がキャラクター化され走らされる、女性軽視ではないか

などと怒りを顕に。もちろん美少女ゲームと言うジャンルは、かつてから存在する。今回のウマ娘は、育成という「ガワ」は馬だが、趣旨としては「育成」であり、以前と何ら変わらないように感じる。

同サイトに便乗して、いわゆる「まとめサイト」と呼ばれるいくつかのWebサイトでも類似記事を発信していますが、これらは過激なネタで広告収入を稼ごうとしているに過ぎないので、極力アクセスを避けるのが吉です。Twitterトレンドに連なっていたとしても、一単語だけで情報を鵜呑みしないように注意しましょう。
《ジュイス内藤》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 普段国内ではゲットできない、激レア色違いも!「6周年イベント」で抑えるべき重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

    普段国内ではゲットできない、激レア色違いも!「6周年イベント」で抑えるべき重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  2. タグ機能を駆使して、アメを効率良くゲット!知らなきゃもったいない「メガ進化ボーナス」を解説【ポケモンGO 秋田局】

    タグ機能を駆使して、アメを効率良くゲット!知らなきゃもったいない「メガ進化ボーナス」を解説【ポケモンGO 秋田局】

  3. 限定技「ぶんまわす」を覚えたサザンドラをMAX強化!噂以上の強さに震えた…【ポケモンGO 秋田局】

    限定技「ぶんまわす」を覚えたサザンドラをMAX強化!噂以上の強さに震えた…【ポケモンGO 秋田局】

  4. 7月のイベントも盛りだくさん!特に「ディアルガ」復刻と毎週の「スポットライトアワー」がアツい!【ポケモンGO 秋田局】

  5. 【クラフィ攻略】『クラッシュフィーバー』パーティー編成のポイント(第5回)

  6. 仲良くなったらムフフなお楽しみも!?新作『天啓パラドクス』推しポイント3選

  7. 『にじさんじ麻雀杯』でびでび・でびるの伝説的な“大敗北”が話題に!「見事なでび虐でした」

  8. 『アズールレーン』空母「加賀」がまさかの“SSR戦艦”として登場!?月末の大型イベントで実装決定

  9. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  10. 『Apexモバイル』これさえ揃えればチャンピオン!ゲーミングイヤホンやコントローラーなどおすすめ周辺機器5選

アクセスランキングをもっと見る