人生にゲームをプラスするメディア

過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】

『ポケモンGO』で苦労するのがジム防衛。でも、誰も来ないような山奥にポケモンを置いたら…?

モバイル・スマートフォン iPhone
過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
  • 過酷な山奥に放置されたポケモンは、半年間ジム防衛できるのか?片道2時間登山して、検証してみた【ポケモンGO 秋田局】
どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を楽しむゆずみんです!

ポケGOといえば、せっかく自分のポケモンをジムに置いても、すぐに誰かに攻撃されて防衛時間が伸びない時がありますよね。もちろんそういうゲームシステムなのでお互い様です。とはいえ、「楽して金ジムを作りたい!(※金ジムを作るには20日間の防衛が必要)」って思ったことは誰しもあるはず。

そこで私たちは閃きました。そもそも、人が訪れないような秘境にポケモンを置けば誰にも攻撃されず、20日間どころか半年くらいジムを防衛し続けられるのではないかと…!

というわけで、準備して行ってきました。目的地は地元秋田県にある、標高409mの「房住山(ぼうじゅざん)」。平安時代に活躍した「坂上田村麻呂」や世界三大美人の一人「小野小町」の伝説が残る、古い山です。今回はそこで、片道2時間かかる山道先のジムを目指しました。

さっそく検証していきます!

登る前、気合MAXのゆずとたくみん

ちなみに、向かった当時の季節は夏。登る前からすでに暑く、半袖で向かいましたが、草に手足が擦れるわ、虫に刺されるわ…。暑くても長袖長ズボンでいけと、あの時の私たちに伝えたいです。

それと、「疲れた時に見れば元気が出るかな」と思って不気味なマスクを持っていきましたが、オープニングの撮影で使ったきりとなり、あとはずっと荷物でした。正直、マスクは邪魔でした。

地図で場所を確認!ポケモンGOは電波が入らないため、起動しません。

これから向かうジムは、以前ゆずみんが行ったことのあるジムの更に奥にあります。以前登った時は130日間防衛してくれたので、今回はもっと記録が伸びるのではと期待しています!


前回より辛い山道ということもあり、なかなか出発したがらない2人。

さて、気合を入れていよいよ出発です!時刻は午前8時20分。この日の為に5時起きした、私たちの本気を見せる時です!

とにかく草が伸びてて歩きにくい。こりゃ誰も来ないわ。

山道は当然のことながら人があまり通らず、整備されていません。伸びきった草木が邪魔をし、中年に片足突っ込んだ私たちの体力を容赦なく奪っていきます。更に暑いし、虫が多い!これから向かうジムがいかに過酷な環境にあるか、その雰囲気が伝わると良いのですが。その分、一度ポケモンを置いてしまえばジム防衛の大記録が期待できるはず!

なお、道中が辛いのは分かりきっていたため、それなりに装備は整えました。暖かくなって同様のチャレンジを検討する際は参考にしてください。

【希望のリュックの中身】
・勇気の鈴(クマ避けの為)
・タオル(汗と涙が出てきた用)
・携帯、カメラの予備バッテリー(山の中で充電切れは絶望)
・水分(1リットル~1.5リットル)
・カロリーメイト4本(非常食)
・ヒモとレジ袋(何かに使うかもしれないから)
・虫除けスプレー(虫が多いのは知ってた)
・保冷剤(携帯、カメラが熱暴走した時用)
・着替え用のシャツ(おしゃれの為)
・不気味なマスク(疲れた時に見て元気を出すため。いらなかった

ということで、ぎゃーぎゃー言いながら登っていたら看板が見えてきました。ここから山頂までは約60分かかるそうです。

“ウサギの速さ”で60分…?

今回は山頂の更に奥にあるジムに向かっているので、先はまだまだ長そうです。とはいえ、ずっと登りが続いているわけではなく、たまに平地もありました。平らな道を歩けることがこんなに幸せだったなんで、ここに来ないと気付きませんでした。

ありがとう平坦な道

でもだいたい登りなのでやっぱり辛かったです。


辛い

一歩ずつ…!一歩ずつ確実に…!


山頂到達!でも今回はもっと奥に進みます

そしてついに目標のジムまで到達いたしました!!

着いたあああああ!!!

登山の様子は動画にも残しています。

【過去最難関絶望登山】ソルジャーが作った130日防衛ジムの、さらに奥のジムなら半年間防衛出来る説【ポケモンGO】
https://youtu.be/nywoSGOR8_g

最終的に、目的地まで片道2時間半かかりました。途中休憩を挟んだとはいえ、かなりの道のりだったと思います。

さて、本題はここから!誰にもこないような、こんな場所にあるジムにポケモンを置いたら、どれだけ防衛し続けてくれるのでしょうか。ありったけの想いを込めて、ハピナスを置いて帰りました。「待って!私、こんな山奥に一人ですか!?」って声が聞こえる気もしますが、頼んだぜハピナス。

【途中経過報告】
https://youtu.be/L6MRp1mV5gk

【最終結果報告】
https://youtu.be/sENno3ERLwc

それから時が経ち…、“魔の山”に置いてきたポケモン(ハピナス)の最終防衛日数は…119日と8時間!!!約4ヶ月という結果でした。さすがの期間ですね!

期待していた半年間という夢は叶いませんでしたが、やはり普通のジムに置くより遥かに長かったです。やはりジム防衛最大のポイントは、そもそも誰も行かない、攻撃されないような場所に置くことが立証されました。

これからも私達は様々なジムに挑戦して、検証を続けたいと思います。というかもう、色々な雪山に挑戦中です。こちらもご期待ください。

ではでは今回はこのへんで。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

■著者紹介:ゆずみん

日本一ポケストップの少ない秋田県で、『ポケモンGO』『ドラクエウォーク』の魅力を発信し続ける「ゆず」と「たくみん」のコンビ。YouTubeにて関連動画を多数投稿中。位置情報ゲームの未来を伝える未来の観光大使(になりたい)

「ゆずみん」YouTubeチャンネル


《ゆずみん》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』チヨノオー育成の「マルゼン」「シービー」が化け物すぎる!負けイベ濃厚な“とんでもステータス”とは

    『ウマ娘』チヨノオー育成の「マルゼン」「シービー」が化け物すぎる!負けイベ濃厚な“とんでもステータス”とは

  2. 『ウマ娘』新ガチャは「樫本理子」と「駿川たづな」入手のチャンス!十分使える“2凸性能”の魅力

    『ウマ娘』新ガチャは「樫本理子」と「駿川たづな」入手のチャンス!十分使える“2凸性能”の魅力

  3. 『ウマ娘』ヤエノムテキ、メジロアルダンに勝負服追加! サクラチヨノオーら“シングレ組”の激闘が華やかに

    『ウマ娘』ヤエノムテキ、メジロアルダンに勝負服追加! サクラチヨノオーら“シングレ組”の激闘が華やかに

  4. 『ウマ娘』ついに“トレーナ本人”がレースへ出走!強化人間による「ササバリィンクル・シリーズ」の存在が明らかに

  5. 「エリキテル」ゲットで終わるのはもったいない!「はつでんしょイベント」の重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  6. 『FGO』こんなところに隠れバルバトスが!事件簿コラボマップの小ネタ、あなたは知ってる?

  7. 『ウマ娘』なんという可愛さ!勝負服姿の「サクラチヨノオー」全身モデルが一足先に公開

  8. 『にじさんじ麻雀杯』でびでび・でびるの伝説的な“大敗北”が話題に!「見事なでび虐でした」

  9. 「#石10万配れテンニンカ」、まさかの実現!?『アークナイツ』アイテム配布の差出人に沸き立つドクターたち

  10. 『ウマ娘』安心沢刺々美の実装にはフラグがあった? 声優・井上喜久子にとある出来事が…

アクセスランキングをもっと見る