人生にゲームをプラスするメディア

中裕司氏がスクウェア・エニックスを退職していたと明かす―『ソニック』を生み出したゲームクリエイター、同社では『バラン ワンダーワールド』を手掛ける

『ナイツ』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などセガの代表作に関わってきた中裕司氏は、2018年にスクウェア・エニックスへ入社。4月末で退職していたと明かしました。

ゲームビジネス 開発
ゲームクリエイター中裕司氏、スクエニを4月末で退職していたと明かす
  • ゲームクリエイター中裕司氏、スクエニを4月末で退職していたと明かす
  • ゲームクリエイター中裕司氏、スクエニを4月末で退職していたと明かす

ゲームクリエイター中裕司氏は、自身のTwitterアカウントにて4月末にスクウェア・エニックスを退職していたことを報告しました。

同氏は『ナイツ』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などセガの代表作に関わってきた人物として知られており、2018年にスクウェア・エニックスへ入社していました。最近では2021年3月に発売された『バランワンダーワールド』の制作にゲームディレクターとして参加していましたが、同作の評価は振るいませんでした

ツイートによると理由については今は話せず、「時が来れば」説明できるかもしれないとのこと。また次のキャリアについては年齢を理由に引退も示唆していますが、明言は避けています。

中氏も登場する『バランワンダーワールド』開発メッセージ映像

ゲームクリエイター中裕司氏、スクエニを4月末で退職していたと明かす

《いわし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  5. ナムコ、直営施設のゲーム機556台2224灯の照明をLED化…環境保全対策の一環として

  6. 脳波を測定して“好みの女の子”を自動選択してくれるVRデートコンテンツ誕生

  7. カプコンのVRアーケードゲーム『特撮体感VR 大怪獣カプドン』発表!9月16日稼動開始

  8. 年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

  9. 【E3 2017】イライジャ・ウッドも関わるVR対応スリラー『Transference』発表!

  10. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

アクセスランキングをもっと見る