人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞

「ゲームAIに関する記念碑的論文になり得る内容」とされています。

ゲームビジネス 開発
スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞
  • スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞
  • スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞

スクウェア・エニックスは、同社テクノロジー推進部リードAIリサーチャーの三宅陽一郎氏が、「2020年度人工知能学会論文賞(JSAI Best Paper Award 2020)」を受賞したことを発表しました。


同賞は人工知能学会会誌上で発表された論文を対象に「独創性」「学術・技術上の寄与と波及効果」「表現のわかりやすさ」の観点から優れた論文に授与されるもの。受賞した論文「大規模 デジタルゲームにおける人工知能の一般的体系と実装 -FINAL FANTASY XVの実例を基に-」は、AI(人工知能)技術がゲーム開発においてどのように活用されているかを解説する内容です。


また同発表によると、「ゲームに馴染みがない分野の読者にもわかりやすいように概念がまとめられている」「社会実装の実例として興味深い研究が行われている」「本論文により接点を与えられた読者がゲーム開発に貢献する可能性が高い」といった点が評価され、「ゲームAIに関する記念碑的論文になり得る内容」として受賞に至ったとのことです。


三宅氏は受賞コメントとして「当社が積み上げてきたAI技術の研究成果を、人工知能学会様より高くご評価いただき、深く感謝しております」と述べています。


三宅陽一郎氏
論文中で実例として扱われた『FINAL FANTASY XV』(画像は「WINDOWS EDITION」)

「大規模 デジタルゲームにおける人工知能の一般的体系と実装 -FINAL FANTASY XVの実例を基に-」はこちらで閲覧が可能です。

《いわし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

    【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  2. 【OGC2013】1億DL突破した「LINEゲーム」、NHN Japan鎌田氏が語る3つのステップ

    【OGC2013】1億DL突破した「LINEゲーム」、NHN Japan鎌田氏が語る3つのステップ

  3. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  4. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

  5. 制作手法から宣伝・販売まで「ノベルゲーム制作実践テクニック」・・・IGDA日本 SIG-Indie 第5回研究会

  6. VR脱出ゲーム『ラストラビリンス』発表! 場所は閉じ込められた館、隣には少女が

  7. 【GDC2010】ランチレポートVol.3 早くも和食が食べたい!

  8. マリオの弟、誕生25周年

  9. TGS2016のアソビモブースにて、新感覚のVRゲームを出展!『BTOOOM!オンライン(仮)』コスプレイヤーとの撮影も

  10. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

アクセスランキングをもっと見る