人生にゲームをプラスするメディア

『スプラトゥーン2』E3 2018世界大会の見所を手短にチェック!各試合のアツいポイントを紹介&解説

E3 2018に合わせて行われた『スプラトゥーン2』ワールドチャンピオンシップスの見どころを紹介します。長~い映像の中から、アツいバトルの瞬間だけをどうぞ!

任天堂 Nintendo Switch
『スプラトゥーン2』E3 2018世界大会の見所を手短にチェック!各試合のアツいポイントを紹介&解説
  • 『スプラトゥーン2』E3 2018世界大会の見所を手短にチェック!各試合のアツいポイントを紹介&解説

E3 2018の開催に合わせ、アメリカでは『スプラトゥーン2』の世界大会となるワールドチャンピオンシップスが開催されました。アメリカ・ヨーロッパ・ニュージーランド・オーストラリア・日本のチームが集まり、どの国のチームが最も強いのかバトルで競い合ったのです。

……しかしひとつ困ったことが。もちろん世界大会はとても魅力的なのですが、そもそもE3はゲーム関連の発表がものすごいたくさんあります。カンファレンスやPVをすべて見るのですら大変ですし、そのうえで世界大会もチェックするとなると忙しすぎるでしょう。そんなわけで今回は、ワールドチャンピオンシップスの見どころをいくつかピックアップして手軽に見れるようご紹介します。

なお、記事中には各試合動画を埋め込んでおりますが、こちらは見どころの時間に合わせた設定をしております。再生開始するとちょうどいいところから開始されます

■関連記事

◆オープニングラウンド1



まずは肩慣らし兼パフォーマンスということで、ナワバリバトルで対戦するオープニングラウンドから大会がはじまります。これによってセミファイナルでどのチームが対決するか決まります。なお、野上研究員も登場する(0:48~)のでそこも見どころですよ。

ラウンド1では、SetToDestroyX(アメリカ)とBackSquids(ヨーロッパ代表)が対決。なんとアメリカはRブラスターエリートとRブラスターエリートデコが同じチーム内にいるというとんでもない構成になっています。ブラスターはもともと塗りが得意ではないため、ナワバリバトルでこの選択はかなり驚きです。


試合開始(10:46~)となると、Rブラスターデコを採用する理由もわかります。USチームのRブラスターデコの使い手はかなりの勢いで直撃を当てており、後衛ブキという印象を感じさせないほど活躍しています。

とはいえ、さすがにナワバリバトルでブラスターが2被りしているのはキツいのか、塗りでBackSquids(ヨーロッパ代表)に敗北してしまいます。

◆オープニングラウンド2



続いてのオープニングラウンド2は、GG BoyZ(日本)とYaah Nah(オーストラリア)が対決。同じくルールはナワバリバトルで、ステージはマンタマリア号。ここまではいいのですが、驚くべきことに日本チームにはダイナモローラーが、オーストラリアチームにはダイナモローラーテスラがいます。

まさかの世界大会でダイナモローラーのミラー対決。日本のダイナモローラー使いはダイナモンさんという方なのですが、名前のとおりダイナモ使いとして有名な方です。ダイナモのポジショニングや、ダイナモ同士の直接対決などが大きな見どころとなっています。

◆オープニングラウンド3



そして、オープニングラウンド3にも大きな見どころがあります。この試合ではSetToDestroyX(アメリカ)とYaah Nah(オーストラリア)がバトルすることになるのですが、なんと結論から言うとアメリカチームが勝利しているのです。

Rブラスターエリートが2名いるのはかなり苦しいはずなのですが、長射程が生きるアロワナモールの地形を生かして見事に勝利しています。途中で巻き起こるUSAコール(6:12~)も見どころです。本当にあんなコールをするんですね……。

次のページ:セミファイナル1組目はオーストラリアVS日本!
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  2. スイッチ新作『オメガラビリンス ライフ』のゲーム詳細情報が公開―敵を倒すほど成長して「発胸」する!?

    スイッチ新作『オメガラビリンス ライフ』のゲーム詳細情報が公開―敵を倒すほど成長して「発胸」する!?

  3. 『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』最新情報公開―『ポケモンGO』で捕まえたポケモンを連れてこよう!

    『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』最新情報公開―『ポケモンGO』で捕まえたポケモンを連れてこよう!

  4. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  5. 『スマブラSP』『時のオカリナ』デザインとなった大魔王「ガノンドロフ」―今回は全てのスマッシュ攻撃で剣を使用!

  6. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  10. 『カプコン ベルトアクション コレクション』ステージレポ─90年代の人気タイトルがこれ1本で!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る