人生にゲームをプラスするメディア

『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

前作で有名だった「アイカ村」が島になって『あつまれ どうぶつの森』でも登場しました。その魅力の一部をご紹介します。

任天堂 Nintendo Switch
『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ
  • 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

『どうぶつの森』シリーズで有名な村といえば、やはり「アイカ村」でしょう。前作『とびだせ どうぶつの森』で有名になったホラーな村で、その作り込みとほのめかしホラーに多くの人が注目しました。

そして、『あつまれ どうぶつの森』でも「アイカ島(とう)」が登場。製作者であるガラックさんが夢番地を公開したので、誰でも見に行くことができます。この記事ではその魅力の一部をご紹介します。

■関連記事

作り込まれたアイカ島



まず最初に注意したいのは、アイカ島はタイムトラベルなどを駆使して作られているということです。ふつうにプレイしている人であれば見たことのない家具もたくさんあるので、ネタバレなどを気にする方は避けたほうが無難かと思われます。

地図全体を見るとふつうに見えますが、右上のほうに「SOS」などと書かれていたり、住民の家がやたらと一箇所に集められていたりとなんとも不気味です。


また、掲示板には「ホラーむらコレクター」からの注意書きがあります。くれぐれも気をつけましょう。


案内所の近くには、ベッドの近くに大量の目覚まし時計のみならず大砲も置かれています。覚めない悪夢を表現しているのでしょうか。


海岸には大量の頭蓋骨が。不気味なオブジェクトが大量に置かれています。


島に住むどうぶつたちはなぜかすべてカエル系で、口癖も意味不明。これは一体……?


「洗濯物を干しているのにシャワーで濡らしている」という意味不明な光景もありました。


一見すると公園のようで楽しそうな場所も、ミキサーが鳴り続けてなんとも不気味です。


この島は区画ごとに村として分けられており、さらにランク付けされています。不思議ですが、これも後ほど詳しいことが明らかになります。

謎の実験室



続いては「No34じっけんしつ」という名前の家を訪れましょう。名前のとおり、書類が散乱しておりなんとも不気味。はたして何を実験しているのでしょうか。


左の部屋にはカエル系住人たちの写真と、本物のカエルが。これはそれぞれの住人をカエルにしてしまったということでしょうか?


右の部屋も謎めいており、明らかになんらかのあやしい実験の跡が残っています。


この真相は地下で明らかになります。それはあなた自身の目で確かめてみてください…。



《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  3. 『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選

    『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選

  4. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  5. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  6. 『ドラクエ』スピンオフのトレジャーライフRPG『ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤』2022年12月9日に発売決定【Nintendo Direct mini 2022.6.28】

  7. 『ポケモンSV』ウパー(パルデアのすがた)の知られざる秘密!実は四半世紀ぶりの特徴が…!?

  8. 【特集】1996年2月27日、全てはここから始まった…ポケモンゲーム史「ゲームボーイ」編

  9. 「脱衣麻雀」の時代が戻ってきた!?スイッチで続々と名作が復活!!

  10. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

アクセスランキングをもっと見る