人生にゲームをプラスするメディア

【インタビュー】『カオスチャイルド』開発者が語る“エグさの秘密”…「アニメ版は皆さんを立ち直れなくさせるヤツを作りたい」

2014年12月にXbox Oneで発売された、アドベンチャーゲーム『CHAOS;CHILD』のPS3/PS4/PS Vita版が6月25日に発売されます。本作は科学アドベンチャーシリーズ第4弾で、シリーズ第1作『CHAOS;HEAD NOAH』の6年後を描いた作品です。

ソニー PS4
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年12月にXbox Oneで発売された、アドベンチャーゲーム『CHAOS;CHILD』のPS3/PS4/PS Vita版が6月25日に発売されます。本作は科学アドベンチャーシリーズ第4弾で、シリーズ第1作『CHAOS;HEAD NOAH』の6年後を描いた作品です。


既にプレイレポート記事にて作品の概要や魅力については触れていますが、今回はPS版の発売を記念し、MAGES.の松原達也氏と若林漢二氏にインタビューを実施。改め本作の魅力や、エグさの秘密、そしてPS版の特典やアニメ化について語っていただきました。

◆このエグさはどこから来るのか


左が松原氏、右が若林氏

――まずはお二人のご担当からお願いします。

若林:演出の若林と申します。ゲーム全般のグラフィック面の部分を主に担当しました。プレイ画面やイベント絵などの画面設計、画像の表示タイミングや消すタイミング、SEや音楽との連携といった、映像面での演出を見ております。

松原:僕はプロデューサーですので、メインの業務は企画と全体の統括、予算の管理やスタッフィングになります。ただし、このシリーズはほかのタイトルは少し違っていまして、原作は志倉が作りますのでそこから降りてきたネタをゲームとして落とし込むために設計するのが仕事の中心となります。それに手に入れる形で演出していくのが若林ですね。僕が総監督で、若林が舞台監督、みたいな感じですかね。

――志倉さんがアドベンチャーゲームは原作だとおっしゃられていましたが、Xbox Oneで出て、いよいよPSハード版も出るというこのタイミングで振り返ってみて、本作の完成度はいかがですか。

松原:Xbox One版を仕上げた時から「これは相当いいものを作ったぞ」という意識はありました。『STEINS;GATE』もすごく評価していただけたのですが、それとは違う切り口の作品で、それと並ぶくらいのものにできたという自信はありました。それがちゃんとXbox Oneのユーザーさんに評価されたとうのはすごく嬉しいです。

他のゲーム画面を見る

若林:作りながら試行錯誤の連続で、最後までもっとできることがあるのではないなと思いながら作っていました。でも発売後の反響をみたらそれが皆さんに伝わったようで、報われたかなと。プレイしてくださった皆さんが『CHAOS;CHILD』の制作陣は頭がおかしいとか気が狂っているとか言ってくれたのが嬉しくて……(笑)。

――いやほんと、僭越ながら……狂っていると思いました。既に公開されているプレイレポートも私が書いたんですが、タイトルに「本作の作り手たちはどうかしている」って付けさせていただきました。冒頭の事件がもう印象的で、始めて10分くらいで「これ作っているやつ頭おかしいだろ」と(笑)。

若林:ありがとうございます(笑)。もし現実で似たような事件が起きてしまったりすると、シナリオがカットされる可能性もありましたので、運がいいといいますか、世の中が平和でよかったです。

――科学ADVシリーズって何かとエグい出来事が多いと思うんですが、今回は全体を通してかなりにエグいじゃないですか。この精神的に来るエグさはどこから来ているんでしょうか。

松原:まず猟奇殺人が起こって、それを解決しながら成長していく主人公が居て、そこに事件のエグさと主人公の立ち位置……例えば、自分で情強(情報強者の略)と言っていたり、渋谷やネットという主人公の周りを取り巻く環境などがありますが、その中である意味事件や人の死といったものをふざけた感じで軽く扱ってしまうような人たちがいるといった世界観なのですが…。



このエグさはおそらくそこから来ていると思います。リアルでもそうですよね。殺人事件などが起きたとしても、それをあざ笑うような書き込みがあったり、SNSに写真を上げてしまったり。そういった現代の世相を反映したリアルな世界観なので、そこの振れ幅が大きければ大きいほど、ユーザーに伝わるものが印象に残るようになると思うんです。事件はよりヒドく。主人公たちの立ち位置はより軽く。そういったギャップは意識して作っています。

――今回の主人公は、これまでの作品に比べて一般受けしやすい性格になっていると思うのですが、その辺の狙いもお聞きしてよろしいですか。普通にいいヤツだなと思って。

他のキャラクターを見る

松原:そうですね。今回の主人公はひと言でいうなら……。

若林:アクティブなオタク(笑)。

松原:『CHAOS;HEAD』は鬱々としたオタクだったので、そことの差別化という意味もありましたし、いまどきのユーザーさんにより近い主人公像にしたかったんです。今の子たちって、割とアクティブにいろいろんなところに行って遊んだりしているので。そういった主人公の方がより身近に感じてもらえるだろうと。

――確かに。僕も高校生ぐらいの時は、彼と似たことを考えていた気がするので、とても親しみやすかったです。そんな彼……いわば”未熟な探偵”を描くのってとても難しいと思うんですが、演出面で特に注意したポイントなどはありますか。

若林:まず性格設定として「オタク特有の好奇心」を持たせています。で、本人は情強って言っていますけど、それゆえに情報を人より得たいんです。そうすることで優越感を得たいという気持ちがアクティブさにつながって、探偵まがいのことをしてしまう。という一貫性を突き通すことですかね。普通の人はまぁ、そこまでしないでしょうけどね(笑)。

――でもこういうのって妄想したくなりますよね。

若林:そうなんですよね。こうしたらどうなってしまうんだろう? というのは結構想像しちゃいますよね。特に厨二の子たちとかは……(笑)。

――そこを描くのが毎回とてもうまいなと思っていました。今回も印象深かったです。

若林:ありがとうございます。きっと自分の厨二マインドが……(笑)。

次ページ「アドベンチャーというメディア」

《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 緑に支配された人工物ってワクワクしない?『The Last of Us Part II』で廃墟探索【観察特集】

    緑に支配された人工物ってワクワクしない?『The Last of Us Part II』で廃墟探索【観察特集】

  2. 『Ghost of Tsushima』インプレ―リアルな「蒙古襲来」、往年の時代劇を再現した「黒澤モード」も熱い

    『Ghost of Tsushima』インプレ―リアルな「蒙古襲来」、往年の時代劇を再現した「黒澤モード」も熱い

  3. 『Ghost of Tsushima』先行プレイレポ―きっとあなたも三船敏郎、剣戟活劇ここにあり!

    『Ghost of Tsushima』先行プレイレポ―きっとあなたも三船敏郎、剣戟活劇ここにあり!

  4. 『パワプロ2020』打席に立った寧々さんが描く巨大なアーチは、僕の溜息をも抱いて青空に消えていったんだ─ありえたかもしれない十羽野高校野球部の夏

  5. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  6. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  7. 【特集】「ゲームに組み込まれた衝撃の実績/トロフィー」10選

  8. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  9. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  10. PS4『Ghost of Tsushima』開発スタジオがゴールドを報告! 7月17日より対馬へ出陣だ

アクセスランキングをもっと見る