人生にゲームをプラスするメディア

『カオス・チャイルド』プレイレポ!非常に異質で複雑怪奇、本作の作り手たちはどうかしている

マイクロソフト Xbox One

CHAOS;CHILD
  • CHAOS;CHILD
  • 『カオス・チャイルド』プレイレポ!非常に異質で複雑怪奇、本作の作り手たちはどうかしている


まずは上の写真を見ていただきたい。ここはインサイド編集部が入っているビルの中で、ご覧のとおり真ん中が空洞なのだ。実にスペースの無駄使いであるが、形としては面白い。さて、もし貴方がこの写真を見て「上から敵が降って来そうだ」とか「実はこの空間、歩けるんじゃないか?」と妄想したならば、今回紹介するゲームを気に入る可能性は高い。そう、MAGES.の科学アドベンチャーシリーズ第4弾『CHAOS;CHILD』を。

◆サイコサスペンスホラー




妄想を具現化できる能力者=ギガロマニアックスたちがサイコな事件に巻き込まれていく『CHAOS;CHILD』は、非常に濃い作品だ。なんたって冒頭に「自分の腕を切って、むしゃむしゃ食べる男」が映し出されるのだから、このゲームの作り手たちはどうかしている。余談だが、ADVでCEROが「Z」に分類されるのは非常に珍しい。それだけヤバイということだ。



ただそれが本作の魅力であり、「気持ち悪い」「不気味」「怖い」そんな感情が絵、音、そしてテンポから伝わってくる。だがなぜだろう、ボタンを進める手が止まらない……。



つまりADVとして良く出来ているという事だ。実際、トゥルーエンドを見るまでに30時間以上かかったが、ホラー色の強い作風でありながらもぶっ通しで楽しめた。



舞台は科学アドベンチャーシリーズ第1弾『CHAOS;HEAD NOAH』から6年後の渋谷で、連続猟奇殺人が発生する。主人公である宮代拓留は、新聞部の部長として本事件を仲間たちと調査。最初こそ充実した高校生活が描かれるが、真実が少しずつ明らかになるにつれ、宮代拓留とプレイヤーは一連の事件の本質を理解する。

◆妄想が実現する世界




『CHAOS;CHILD』では妄想と科学が強くリンクしており、妄想が実現するからといって、単純なる異能力バトル物語ではない。あくまで妄想による物理干渉が科学現象として扱われており、それがサスペンス要素を強めている。特に本作のキーアイテムである「力士シール」の詳細は面白かった。



ただ科学が関係ない、単純な妄想も楽しめるのが本作の魅力だ。それが一般的なADVの分岐フラグにあたる「妄想トリガー」で、「ポジティブ(主にエロ)」「ネガティブ(主にグロ)」「妄想しない」の3つに分岐する。これらは単純に妄想として楽しめ、ネタ展開も満載だ。「ハムサンド」と「ツナサンド」を間違えてはいけないという教訓も得られる。

◆情報開示とマッピングトリガー




自分で推理できるのがサスペンス作品の魅力の一つだが、主人公の推理とプレイヤーの推理がほぼ同時進行になるよう構成されているため、物語に置いて行かれる事がない。



その仕掛けとして用意されているのが、情報を海外ドラマの様に整理する「マッピングトリガー」であり、ここでの選択によって分岐するのも面白い。また主人公が高校生であるため、進行・理解のスピードも難しすぎずわかりやすかった。

◆主人公と作品のテーマ性



科学アドベンチャーシリーズの主人公といえば、毎度癖のある人物だと相場が決まっている。ただ今回の主人公である宮代拓留に関しては、過去作に比べるとかなり控えめだった。もちろんリア充・情強を自称しているため多少は痛い奴なのだが、まぁ「これだから情弱は……」という思考は分からなくもない。そのため感情移入がしやすく、本作のシナリオにマッチした設定だと言える。また過去作と大きく違うのが、見えている世界で見えていないことが起きているということ。

あらゆる出来事に自分と他人が関わっている本作のストーリーは、トラックに連続で跳ね飛ばされるような感覚で進行。もちろんトラックのアクセルを踏むのはプレイヤーだ。その衝撃や痛みは、主人公とプレイヤーの両方が味わうことになるが、いつしか宮代拓留という男は、プレイヤーが考えもしなかった決断をすることになる。



◆そして僕は、このくそったれなゲームをクリアした




萌えなんだけどギャルゲーじゃなくて、中二なんだけど科学で、重たいんだけどカジュアルで……そんな科学アドベンチャーシリーズ独特の雰囲気はそのままに、非常に異質で複雑怪奇に仕上がった『CHAOS;CHILD』。正直なところ、しつこい回想演出や物足りない分岐など幾つか不満はあるが、エンドロールを見つめながら言葉にできない感情を感じた。だから僕らは、何十時間も掛けてゲームをプレイするのだろう。こんな気持ちは久々だ。
《栗本 浩大》

マイクロソフト アクセスランキング

  1. Xbox One S本体の開封映像到着…4K出力はアップデートで対応?

    Xbox One S本体の開封映像到着…4K出力はアップデートで対応?

  2. Xbox One小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定

    Xbox One小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定

  3. オープンロードレーシング『Forza Horizon 3』発表!オーストラリアを舞台に350以上の車種が登場

    オープンロードレーシング『Forza Horizon 3』発表!オーストラリアを舞台に350以上の車種が登場

  4. 稲船敬二新作『ReCore』ゲームプレイトレイラー公開!海外で9月13日発売

  5. 次世代Xboxの前にARMベースの“Xbox Lite”が登場?

  6. Xboxゲーマータグ、5年不使用で無効化に…Microsoftがサービス規約更新を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top