人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームを作りたいなら役員になるべきではない」 ― 海外の業界人の提言

ゲームビジネス 開発

海外の業界人は現場主義の大切さを語ります。

THQのDanny Bilson氏は先日米サンフランシスコで行われたIGDAのフォーラムでビジョンの重要性について語っています。

Danny Bilson氏はTHQコアゲーム部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデント。最初はゲームの質を向上させるためのクリエイティブディレクターとして入社したそうです。当時のTHQにはクリエイティブな資質を持ったディレクターが少なく、“プロジェクトを進める前にあきらめるような”人々ばかりだったそうです。

「こうしたシステムはコンセプトを薄め、コストがかかります。こうした繰り返しの全てにお金がかかるのです。我々はここにアイデアがあるとなったら、ただ前進してそれを実現しました」

ゲーム界の問題の一つは膨れあがる制作費用ですが、氏は確固たるビジョンこそがこの問題を解決するといいます。

「我々はいかにしてコストを節約すべきか。一つの方法はクリエイティブなビジョンを手に入れ、それを推し進めることです。私は共同制作的なアートを信じません。皆は良く“沢山の人を雇いました”といいますが、ビジョンは一つで皆に周知されなければなりません。多くの人々はルールの中で制作する能力を持っているのです。過去にはマーケティングによる市場予測という枷がありました。予測は予算を決め、予算はあなたがゲームに盛り込めるフィーチャーと、ゲームでできることを決めます。彼らは自分が望むものを手に入れるために予測を操ることができます。なぜアーティストでない人がアートを変えるのでしょうか」

「ゲームはいかなる形であっても会社から指示されるべきではないと思います。もしあなたがゲームをデザインしたいのなら、ゲームスタジオに入るべきです。会社の本部にいるべきでも、役員になるべきでもありません」

氏のいうことを要約するなら「明確なビジョンに貫かれた現場主義」が大事であるということでしょうか。

ビジョンを明確にすることは無駄な繰り返しをなくし、それは回り回って予算の節約にも繋がる。マーケティングや予測は誰かが考えたものであり、どこかに主観が入ってしまうのでゲームの向上には必ずしも直結するものではなく、そうした視点よりはクリエイターとしての本文を貫くべきである・・・というのが主張であるようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

    セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

  4. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  5. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  9. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  10. ケイブ、「破壊・爽快」テーマのVRコンテンツ開発を発表―女子学生ロボ爆誕?!

アクセスランキングをもっと見る