人生にゲームをプラスするメディア

秋葉原に新デジタルサイネージ登場、等身大キャラ「さとうささら」がアニメイトで情報発信

ゲームビジネス その他

「さとうささら」
  • 「さとうささら」
  • CeVIO(チェビオ)
フォロンティアワークスは、UGC(User Generated Contents)と呼ばれるユーザー生成コンテンツを支援する新プロジェクトCeVIO(チェビオ)を、このほどスタートさせる。CeVIOは、新しい音声と歌声合成プロジェクトである。
豊かな感情の音声や歌声を表現する技術者と魅力的なキャラクターと結びつける。映像・音楽の制作者も巻き込んだ新しいクリエイティブの在り方を目指す。

このプロジェクト発の企画第1弾として、デジタルサイネージCeVIO Visionの稼働がスタートした。1月22日よりアニメイト秋葉原店の入口横ショウウィンドウに設置され、秋葉原の街を行く人にその存在をアピールしている。
CeVIO Visionの画面内では、このプロジェクトによって生まれた等身大のキャラクター「さとうささら」が、アニメイトの様々な情報をキャラクター自らの声で発信する。プロジェクトのスタートにあわせて「さとうささら」のビジュアルイメージも公開されたが、秋葉原らしい可愛い少女のイメージが採用されている。
特長はキャラクターと直接会話も可能になっていることだ。ユーザーとのインタラクティブな音声対話をすることができる。

CeVIOのプロジェクトは、CeVIO Visionだけにとどまらず、今後も各種メディアにおける出演や音楽活動も精力的に行う方針だ。
また現在、簡単な操作で豊かな感情を表現できる音声合成ソフトと、リアルな歌声を自在に表現できる歌声合成ソフトがひとつになったソフトウェアも開発中だ。2013年2月末予定でフリーダウンロード版のリリースを開始し、2013年初夏にはパッケージ版のリリースを予定している。
音声合成ソフトは初音ミクに代表されるVOCALOIDシリーズが根強い人気を誇っている。それらの先行プロジェクトにCeVIOがどのようなアプローチで差別化を図るのかにも注目していきたい。
[高橋克則]

CeVIO
http://www.cevio.jp

アニメイト秋葉原に新しいデジタルサイネージ 音声&歌合成プロジェクト「CeVIO」始動

《animeanime》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

    【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  6. 【GTMF2013】ソニー・コンピュータエンタテインメントが紹介するPlayStation向け最新テクノロジー-PS4・AR・脈動検出・PlayViewなど

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  9. 【CEDEC 2014】開発会社どうしがガチンコトーク。バイキングとジェムドロップが考える「理想の協業関係」とは?

  10. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

アクセスランキングをもっと見る