人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」

ゲームビジネス その他

【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」


連載第35回目ですね。今月登場するバンプレストのプライズ品は、先月紹介した「スーパーマリオギャラクシー マメフィギュアコレクション」の第2弾。今回はバネマリオ、マリオ、バネキノコ、カメック、クッパJr.の5種類です。

しかし、今回紹介するのはこれではなく、その前作ともいえる「フィギュアキーホルダー」です。今年の1月から3月まで3ヶ月連続でリリースされていたプライズで、各シリーズ9種類ずつ、計27種類出ました。「マメフィギュア」にラインナップされている一部のキャラクターは、この「フィギュアキーホルダー」と同じモノなのです。

【vol.1】
ハチマリオ、ハチルイージ、ハチキノコ、ライフアップキノコ、ピーチ姫、ロゼッタ、ホシウサギ、チコ(黄)、チコ(青)

チコやキノコもラインナップハチブラザーズカートでも活躍、ロゼッタ


【vol.2】
マリオ、バネマリオ、バネキノコ、クッパJr.、カメック、ベビィチコ、バトラー、グランドスター、ディノパックン

バネ変身セットもラインナップ迫力満点、ディノパックン体が細い、バネマリオ


【vol.3】
マリオ、オバケマリオ、オバケキノコ、マメクリボー、ボムテレサ、チコ(緑)、チコ(赤)、ドッスン、キノピオ

オバケ変身セットもラインナップフライングポーズマリオクリボーではなく、マメクリボー


やはり特筆すべきは、ラインナップですね。クリボーやキラーといった有名なキャラは省き、『ギャラクシー』ならではのキャラクターを中心にラインナップされています。もちろんデキの良さも折り紙付き。初めてフィギュア化されたディノパックンはゲームさながらの迫力です。

リリースから少し時間が経ってしまいましたが、今でも置いてあるお店を見かけますので、頑張って取ってみてください。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

    【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  3. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

    【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. Ouyaと同様の小型ハード“GameStick”がKickstarterに登場、開始1日で目標額を突破

  6. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  7. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  8. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  9. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る