人生にゲームをプラスするメディア

メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

インディーズブランド「メサイヤゲームス」を運営してきたエクストリームは、日本コンピュータシステムと「メサイヤ」ブランドに係るゲームソフトの全ての著作権について、譲渡(譲受)契約を締結したと発表しました。

ゲームビジネス その他
メサイヤ
  • メサイヤ
  • エクストリーム
  • 日本コンピュータシステム
インディーズブランド「メサイヤゲームス」を運営してきたエクストリームは、日本コンピュータシステムと「メサイヤ」ブランドに係るゲームソフトの全ての著作権について、譲渡(譲受)契約を締結したと発表しました。

メサイヤは、1980年代から1990年代にかけて家庭用ゲームにおいて人気を博した日本コンピュータシステムによるゲームブランドです。『超兄貴』シリーズや『重装機兵』シリーズなどの人気作を世に送り出し、ブランド創設から20年以上経った今もゲームファンから根強い支持を得ています。

2014年からは、エクストリームがコアゲーマー向けのインディーズブランド「メサイヤゲームス」を立ち上げ、日本コンピュータシステムと、「メサイヤ」ブランドのコンテンツ関連商品に関する商標と著作物の利用についての契約と商品化権などにおける代理店契約を締結し、企画・開発やサブライセンス業務を行っていました。

2014年11月14日、日本コンピュータシステムは、「メサイヤ」ブランドに係るゲームソフトの全ての著作権について、エクストリームと譲渡契約を締結。今後「メサイヤ」ブランドの展開はエクストリームから直接行われることになります。

■メサイヤブランドの主要作品
・『超兄貴』シリーズ
・『ラングリッサー』シリーズ
・『改造町人シュビビンマン』シリーズ
・『重装機兵』シリーズ(『重装機兵レイノス』『重装機兵ヴァルケン』など)


尚、現在もドラキューにより、PS4ソフトとして「メサイヤ」ブランドの代表作のひとつである『重装機兵レイノス』のリメイク作品の開発が進行しています。

名作のリメイクや過去作の配信など、これまで以上の「メサイヤ」ブランドの広がりが期待されます。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR施設「SEGA VR AREA AKIHABARA」6月17日10時にオープン! VRウォーキングアトラクションを導入

    VR施設「SEGA VR AREA AKIHABARA」6月17日10時にオープン! VRウォーキングアトラクションを導入

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

    次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  4. 今週発売の新作ゲーム『ファークライ5』『スーパーロボット大戦X』『シャイニング・レゾナンス リフレイン』他

  5. 教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

  6. バンダイナムコが上海に現地法人を設立、中国でのネットワークコンテンツの拡大を目指す

  7. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  8. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  9. 今年は東京モーター「VR」ショー!? 未来のクルマを体験したり、仕組みを分かりやすく見られたり

  10. CESA、日本・韓国で大規模調査 ― 日本の家庭用ゲーム人口は3142万人

アクセスランキングをもっと見る