人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の変わる姿勢、そして傲慢な帝国にならないために―岩田聡社長インタビュー

ゲームビジネス その他

米誌「ビジネスウィーク」にて、任天堂の岩田聡へのインタビューが掲載されています。このインタビューの収録自体は7月に開催されたE3の任天堂カンファレンスの翌日に収録されたものだそうですが、任天堂の姿勢の変化について興味深いコメントがありましたので紹介することにします。

まずは開発者に対しての話

「私たちが最近学んだのは、いかにして成功したゲームに関する情報をサードパーティとも共有するかという方法です。任天堂は先月、ゲーム開発者向けのカンファレンスを主催し、『Wii Sports』で私たちのプログラマーがどのようにWiiリモコンを活用したかについて話をしました。フィードバックで私が聞いたのは、任天堂が喜んでそうした情報を第三者と共有することに驚いた、というものです。つまり、任天堂は非常に閉じられた組織で、それまでは余り外部のデベロッパーに優しくないという評価を得ていたということです」

「私自身、開発者としての経験がありますので理解します。私は"みんな望んでるんじゃないか"と。私は任天堂の多くの人に、こうした情報を公開するように働きかけました。もちろん、そうすることは模倣を生む可能性があります。しかし同時に、ゲーム業界が成長しなければ、私たちも成長することはできないのです。ゲーム業界が生き残って、私たちもまた生き残る事ができるのです」

そして傲慢にならないために

(N64やGCは失敗したものの、DSやWiiで成功したことについて)私たちがこのような変化に取り組み始めた時、確かに疑問がありました。しかし成功を示す事で受け入れられました。エンターテイメント産業の一角として、私たちの仕事は人々を驚かせることです。私たちは単にアイデアを提供するだけでは成功できず、人々の期待を遙かに超えることで成功できるのです。私たちはいく度の障害を乗り越えなんとか成功することができ、エンターテイメント産業にふさわしいドラマを飾ることができました(笑)。

しかし一方で私たちが「よし、これでいいんだ」と思い始めると危険が訪れます。もはやドラマはありません。「おお!これは素晴らしい」「やってみるよ」「凄いアイデアだ」と皆が任天堂について言うのが普通になると、会社の中ではモチベーションやエネルギーを持続するのが難しくなります。ですから、私の次の最も大事な仕事は「任天堂は傲慢になってしまった」「警戒するのを止めたようだ」「チャレンジ精神を失ってしまった」と人々に言われないようにすることです。

今のところ幸運なことで「Wiiバランスボード」も「Wiiザッパー」も良い評価を得ることができました。私たちがしなくてはいけないことは、実際に製品が発売された時に、今の期待を遙かに超える製品にすることです。噂を呼ぶ必要があります。これは大きな挑戦です。最も良い例は『Wii Sports』です。最初にゲームを見せた時、みんな「面白そうだ」と思いました。そして体験すると、その期待を超えるゲームであることに気付くのです。それが噂を呼び、評判を呼びました。私たちはこれを実現しなくてはならないのです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

    【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  4. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  5. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  6. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  7. 「何がゲームを殺すのか?」−売上は好調なのにリストラが続く不思議

  8. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

アクセスランキングをもっと見る