人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】旅の仲間と協力プレイ!『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』

ゲームビジネス 開発

『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
  • 『The Lord of the Rings: War in the North』
ワーナーエンターテイメントジャパンより4月19日に発売となるPS3/Xbox 360用タイトル『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』をご紹介します。



ピーター・ジャクソンが監督した傑作映画『ロード・オブ・ザ・リング』トリロジーの舞台を背景に、映画本編の“旅の仲間”とは別行動で北方の地を旅する三人のヒーローを主役にした本作。スキルや装備をはじめとするキャラクター育成要素も盛り込んだ王道のアクションRPGで、最大3人まで参加可能なCo-opプレイが最大のウリとなっています。







ERADAN(エラダン)


かつて先祖たちが統治していた地を影から守護する、北方のドゥネダインレンジャーたちの一員です。過酷な日々の中で、様々な能力を身につけています。常に多数を相手に戦う中で危険を回避する戦術を体得し、敵の不意を突き、窮地を脱することができます。エラダンは弓の達人でもあり、遠方から敵を仕留めることも可能です。そして隠密行動や弓術が通用しない場合、武器と盾、二刀流、もしくは両手剣での接近戦も十二分にこなしてみせます。


ANDRIEL(アンドリエル)


アンドリエルはエルロンドに師事して太古の知識を学んだ裂け谷エルフのロアマスターですが、決して温厚な学者などではありません。その手にかかれば質素な杖も強力な武器となり、エルフならではの腕前で格闘に使えるほか、魔力を集める触媒として、遠近両方の敵を攻撃できます。とはいえ、アンドリエルの真の力は味方を守り、生き延びさせる能力であり、魔術によって中にいる仲間の傷を癒し、回復させる光の結界を張ることができます。


ARIN(ファリン)


ドワーフの国、エレボールの勇士であるファリンは、五軍の合戦での初陣以来、故郷を守るため最前線で戦い続けてきました。戦うために生まれてきた一族の誇り高き末えいである彼は、あらゆる近接武器を使いこなし、弩の達人でもあります。攻撃力もさることながら、ファリンの最大の強みは苦痛への耐性であり、戦いでは敵の波状攻撃を粉砕する強固な大岩として活躍します。その勇猛な雄叫びは味方の力を引き出し、敵を恐怖に陥れます。







本作では、戦利品や報酬システム、キャラクターのカスタマイズや成長、より強力な武器の装備、スキルや特殊能力など、深くやりがいのあるRPG要素を楽しむことが可能。敵の探知を避けるエラダンの回避技、遠隔攻撃から身を守るアンドリエルの聖域魔法、仲間の復活時に重宝するファリンの雄叫びなど、三人のヒーローには個性的なスキルが多数用意され、アクションや戦略性に深みが与えられています。

ゲーム中には、サウロンの最も残忍な手下であるボスキャラクター“アガンダール”が、オークやトロルといった凶悪なクリーチャーどもを引き連れてプレイヤーの行く手を阻むことに。また、プレイヤー側にも原作映画で登場した“大鷲”が第4の旅の仲間として現れ、空から強力な援護攻撃を繰り出したり、重要な情報を提供してくれることになります。





Co-opプレイモードを主体とした本作、3人のプレイヤーが旅の仲間としてオンライン上で一緒にプレイ可能で、エラダン、アンドリエル、ファリンの一人を選び、それぞれのスキルが仲間としての成功やプレイの進行状況を左右。団結しなければ決して生き残ることはできません。Co-opモードは、オンラインで2~3人、オフラインでも画面分割で2人までのプレイヤーが参加でき、オフライン2人にオンラインの1人を加えた3人協力プレイといった遊び方にも対応しています。

今年の12月14日には『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚となる最新映画の第一部「ホビット 思いがけない冒険」が全国ロードショー予定で、今後盛り上がりを見せていく『指輪物語』の世界をゲームでより一層楽しむために本作は役に立ちそうです。

【製品情報】
タイトル:『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』
発売日: 2012年4月19日
価格: 7,980円(税込)
対応機種: PS3/Xbox 360
ジャンル: アクションRPG
プレイ人数: 1~2人 (オンラインプレイ人数: 2~3人)
CERO審査: C(15才以上対象)

THE LORD OF THE RINGS: WAR IN THE NORTH software (C)2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Snowblind Studios, Inc.
(C)2011 New Line Productions, Inc. All The Lord of the Rings content other than content from the New Line films (C)2011 The Saul Zaentz Company ("SZC"). The Lord of the Rings: War in the North, The Lord of the Rings, and the names of the characters, events, items, and places therein are trademarks or registered trademarks of SZC under license to Warner Bros. Interactive Entertainment. All rights reserved.
SNOWBLIND STUDIOS LOGO, WB GAMES LOGO, WB SHIELD: TM & (C)Warner Bros. Entertainment Inc.
(s11)
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  5. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  6. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  7. 【CEDEC 2012】ハンソフト、カプコンへプロジェクト管理ツール「Hansoft」を提供

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る