人生にゲームをプラスするメディア

海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

アメリカでは初の黒人大統領が誕生しましたが、海外ゲームサイト1UPでは「ゲームの政治家トップ10」なる記事が発表されました。

ゲームビジネス その他
アメリカでは初の黒人大統領が誕生しましたが、海外ゲームサイト1UPでは「ゲームの政治家トップ10」なる記事が発表されました。

これまでのゲームの中から印象的な政治家を選出するという内容で、日本ゲームからは10位に『マリオ』シリーズのピーチ姫、7位に『ファイナルファンタジーVIII』のラグナ・レウァール、6位に『ヒットラーの復活』のマスターDがランクイン。

5位が『ゲバラ』の2pプレイヤー(!)であるカストロ。
3位は「戦う市長」として話題になった『ファイナルファイト』のハガー。
2位は「大統領を救出する」設定のゲームがやたらに多いDECOから『Bad Dudes Vs. Dragon Ninja』(ドラゴンニンジャ)のレーガン。

日本ゲームの政治家たちが群雄割拠するランキングですが、栄えある1位は誰か?

なんと1位は『メタルウルフカオス』のマイケル・ウィルソン。

パワードスーツと重火器で戦うアメリカ大統領で、「何故なら私は、アメリカ合衆国大統領だからだ!」が口癖。悪の副大統領を倒すため、スペースシャトルで宇宙にまで行ってしまうという男らしさに、1UPも「日本に我々の憲法を書き直させるべきかも」とコメントしています。

ランキングは10人中7人までが日本ゲームの政治家となっており、これを期に自分の中の「ゲームの政治家トップ10」を考えてみるのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

    「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  2. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  3. 2020年1月発売の新作ゲームは何を買う?注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

    2020年1月発売の新作ゲームは何を買う?注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

  4. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2004年12月6日-12月12日

  5. NHK「クローズアップ現代+」でVR特集 ― 吉田修平や原田勝弘が出演

  6. 【実勢価格調査】ヤマダ電機、3DS本体購入で任天堂レジャーシートが貰える(5/11)

  7. 「ソーシャルゲームのすごい仕組み」 いま何が起きているか理解する最適の1冊

  8. 【イベント】先端技術を使ったバーチャリアリティが集結―IVRC東京予選大会

  9. 任天堂のグリーン調達について―「任天堂で働くということ」

  10. 任天堂、定款変更を株主総会に提案

アクセスランキングをもっと見る