人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2010】開発基盤システムはどこへ向かう。サイバーコネクトツー、15年目のポストモーテム 1枚目の写真・画像

ゲーム開発を効率よく進めるために、開発基盤システムはどうあるべきか。創業15年目を迎えた株式会社サイバコネクトツーでのケースについて、同社の技術開発チーフ・宇佐見公介氏、相場武友氏、片桐誉裕氏が語りました。

ゲームビジネス 開発
【CEDEC 2010】開発基盤システムはどこへ向かう。サイバーコネクトツー、15年目のポストモーテム

【CEDEC 2010】開発基盤システムはどこへ向かう。サイバーコネクトツー、15年目のポストモーテム 1枚目の写真・画像

【CEDEC 2010】開発基盤システムはどこへ向かう。サイバーコネクトツー、15年目のポストモーテム

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. どこまでがインディーズなのか、ゲームデザイナーRon Gilbertが語るインディーの定義

    どこまでがインディーズなのか、ゲームデザイナーRon Gilbertが語るインディーの定義

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. ケン・レヴィンの生涯と最新作『BIOSHOCK INFINITE』への道のり

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  7. 『喧嘩番長3』の英語タイトルを募集−アトラス自らが海外ゲーマーに救援を求める

  8. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  9. 今週発売の新作ゲーム『ボーダーランズ ゲーム・オブ・ザ・イヤー エディション』『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』『死印』他

  10. オートデスク、「Softimage」を次期製品をもって開発打ち切りへ

アクセスランキングをもっと見る