人生にゲームをプラスするメディア

未来の火星を舞台にした3D仮想空間「Blue Mars」の進化した最新デモ~Avater Reality社 7枚目の写真・画像

22世紀の火星が舞台の、PC向け3D仮想世界(メタバース)が「Blue Mars」です。ハワイに本社を持つAvater Reality社によって開発中で、6月よりオープンβ版が実施されています。同社の橋本和幸社長は「Shadeバージョン11」の記者発表会で、この最新デモを披露しました。

ゲームビジネス 開発
未来の火星を舞台にした3D仮想空間「Blue Mars」の進化した最新デモ~Avater Reality社
未来の火星を舞台にした3D仮想空間「Blue Mars」の進化した最新デモ~Avater Reality社

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メタバースってなあに?  『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

    メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  2. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの

    ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  3. 【GDC2010】任天堂、坂本賀勇氏が初めて明かすゲーム作りのアプローチ

    【GDC2010】任天堂、坂本賀勇氏が初めて明かすゲーム作りのアプローチ

  4. 【レポート】VR空間を歩く魅力は格別!「HTC Vive」体感&インタビュー

  5. EA、PS4/Xbox One本体普及が2016年3月までに5,000万台に達すると予想

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. DeNAの社長兼CEOが岡村信悟氏に―新たな経営スタイルのもと組織力を強化

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. THQから『カーズ』の新作が任天堂プラットフォームで

  10. 【CEDEC 2011】国内海外のゲーム開発現場を見てきたライアン・ペイトンが語る日米ゲーム制作事情

アクセスランキングをもっと見る