人生にゲームをプラスするメディア

「マジック: ザ・ギャザリング」の世界大会が2月に京都で開催、賞金総額は何と2000万円! 5枚目の写真・画像

ゲームビジネス その他

「マジック: ザ・ギャザリング」の世界大会が2月に京都で開催、賞金総額は何と2000万円!

「マジック: ザ・ギャザリング」の世界大会が2月に京都で開催、賞金総額は何と2000万円! 5枚目の写真・画像

「マジック: ザ・ギャザリング」の世界大会が2月に京都で開催、賞金総額は何と2000万円!

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

    【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  5. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  6. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  9. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

アクセスランキングをもっと見る