人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが選ぶゲームの悪役ベスト25−栄光のトップは一体だれ?

ゲームビジネス その他

ゲームを彩るのは悪役達ですが、海外ゲーマーが選ぶ悪役ベスト25とはどういった顔ぶれになるでしょうか。

GameDailyでは、新旧様々なゲームから選んだ悪役ベスト25が発表されています。25人の悪役達の中から、日本のゲーマーになじみ深いものをピックアップしていきましょう。「 」内はGameDailyのコメントです。

24位に『ゼロウイング』からCATS。ゲーム内での活躍というより、“君達の基地は、全てCATSがいただいた(All your base are belong to us.)”のインパクトによる授賞である模様。これは英語としてかなり珍妙なフレーズであるらしく、様々なMADビデオが作られたことでも有名です。

20位に『ゼルダの伝説』シリーズからガノンドロフ。日本のランキングならもっと上位にいきそうですが、少々残念な結果。

18位に『スーパーマリオブラザーズ』シリーズからマムー。知名度の低さからすると意外な気がします。

16位は『悪魔城ドラキュラ』シリーズからドラキュラ。15位に『Halo』シリーズの人工知能ギルティ・スパーク。14位に『THE HOUSE OF THE DEAD』シリーズのゴールドマン。

13位はなぜか『塊魂』シリーズの王様。「王子にやらせず自分でカタマリを作ればいいと思うが、あの足タイツが彼をためらわせるんだろう」

12位は『メトロイド』シリーズのマザーブレイン。

9位は『メタルギアソリッド』シリーズのリキッド・スネーク。「リキッドの強さは力と知恵のコンビネーションにある」となかなかの評価です。

7位に『ベア・ナックル』シリーズからMr.X。

6位に『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのクッパ。「彼は長い間、キノコ王国を支配しマリオを打ちのめそうとしているが、何をしてそこまで駆り立てられるのかは分からない」と海外ゲーマーらしいユーモアで授賞の理由を語ります。

3位に『ファイナルファンタジー』シリーズのセフィロス。「セフィロスはファッションモデルのような見た目とは違ってかなり悪いヤツだ」とのコメントからは、美形悪役のとらえ方の違いがかいま見えます。

2位は『ロックマン』シリーズからDr.ワイリー。「良いことのために作られたロボットを悪事に使えるというのは凄い才能だ」

25人の悪役の頂点に立つのは『ソニック』シリーズのDr.エッグマン。「他の悪役達よりも卑劣でもずるくも脅迫的でもない。デラックスな空中要塞やロボット達を使ってソニック達を倒そうとするが、その資金源は不明。多分、あの金のリングだろう。Dr.エッグマンが次に何をするかが楽しみだ」と次回作への期待を含めての授賞です。

トップ3を日本ゲームの悪役が占めたということで、日本人としては喜ばしい?ランキング結果。以下に全ランキングを掲載しますので、海外ゲーマーとの感覚の違いをチェックしてみて下さい。


25. Dr. Crabblesnitch (Bully/Rockstar Games)
24. Cats (Zero Wing/Toaplan)
23. Dr. Neo Cortex (Crash Bandicoot series/Sierra)
22. Officer Tenpenny (Grand Theft Auto San Andreas/Rockstar Games)
21. Carmen Sandiego (Where In the World Is Carmen Sandiego series/Broderbund)
20. Ganondorf (Legend of Zelda series/Nintendo)
19. Atlas (Bioshock/2K Games)
18. Wart (Super Mario Bros. 2/Nintendo)
17. Shang Tsung (Mortal Kombat series/Midway)
16. Dracula (Castlevania series/Konami)
15. 343 Guilty Spark (Halo/Bungie)
14. Goldman (House of the Dead 2/Sega)
13. King of All Cosmos (Katamari series/Namco Bandai)
12. Mother Brain (Metroid/Nintendo)
11. Shodan (System Shock/Origin)
10. Darth Malak (Knights of the Old Republic/Bioware)
9. Liquid Snake (Metal Gear Solid/Konami)
8. Kane (Command & Conquer series/EA)
7. Mr. X (Streets of Rage 2/Sega)
6. Bowser (Super Mario series/Nintendo)
5. G-Man (Half-Life/Valve)
4. The Shredder (Teenage Mutant Ninja Turtles series/Konami)
3. Sephiroth (Final Fantasy VII/Square Enix)
2. Dr. Wily (Mega Man series/Capcom)
1. Eggman/Dr. Robotnik (Sonic the Hedgehog)
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

    今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 【GDC08】岡本吉起氏のゲームデザイン哲学のキーワードは「結合」「分離」「調整」

  6. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 『エルシャダイ』に見る新規IP立ち上げの実情・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第17回

  9. アクティビジョン、日本法人を設立

  10. 【CEDEC 2012】開発環境共通化の意義とメリット ― カプコン「MT FRAMEWORK」の場合

アクセスランキングをもっと見る