人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】

ソニー PS4

『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】
  • 『モンハン:ワールド』実質無職を改め、正しいハンターになろう! ……あれ? この見た目だと、むしろ……【プレイ日記】

『モンスターハンター:ワールド』発売からまだ1週間も経ってないのに、全世界500万本出荷を達成し、国内における推定販売本数は135万本に及ぶなど、驚きの情報が続々と舞い込んでいます。

久しぶりの据え置き機向け完全新作、しかもPS4でリリースと、注目度が高いのは多くのゲームファンが実感していた通り。ですがこの好スタートぶりは、想像を上回っていたのではないでしょうか。PS4本体も牽引し、シリーズ史上かつてない立ち上がりに、興奮を隠せません。



しかし、「新大陸古龍調査団」の5期団メンバーとして降り立ったマイハンターは、じっくり楽しめるキャラメイクやドラマティックな幕開けに驚き、オトモアイルーの可愛さにノックアウト。また、予想以上の大きさを誇る拠点にはしゃぎ、案内されている途中なのにあちこちふらつく「寄り道」堪能プレイに没頭。クエストに出かけないまま日記の1回目が終わるという、自称ハンター・実質無職な時間を過ごしてしまいました。


さすがに気合いを入れ直し、いざ大型モンスターを狩りにいく……前に、まずは小型モンスターの討伐を受諾。ネルギガンテの道もジャグラスから。「小さなことはコツコツと、大きなことは大胆に」をモットーに頑張る所存です。いくぜ、オトモアイルー!


現地に着き、真っ先に向かったのはもちろんキャンプ。クエスト中に装備が変えられるのも嬉しいところですが、オトモと団らんしている雰囲気もたまりません。「好きな子いる?」とか修学旅行ノリの会話とかしたくなりますが、キャンプにいても時間は過ぎていくのでご注意を。βテストでタイムアップinキャンプを迎えた筆者です。ちなみに、時間制限のない「探索」も本作では可能なので、フィールドをじっくり見て回りたい方はそちらがお勧め。


シリーズ作はいくつか遊んでいますし、βテストも体験したので、ジャグラス討伐は難なくクリア。また、集めた素材で早速武器も強化。この分なら、無職改めハンターとなる日は近そうです。さあ、次こそ大型モンスターだ!


いやそのすみません、キノコ狩りでした。ほら、『モンハン』と言えばキノコ狩りはしておかないと。まあ、これくらいのクエストなら余裕余裕……って、見たことないモンスターが目の前に!? しかも追いかけてくるしぃぃぃぃ!!



後で調べたところ、不意打ちで遭遇したモンスターは「プケプケ」でした。確かに事前情報でチェックはしていましたが、サプライズで出くわしたモンスター相手に判断力が働くわけがない。無職上がりのハンターを甘く見てもらっては困る! この先生きていけるのか分からなくて困る…。



ともあれ、なんとか逃走に成功。ちょっと凹んだ気持ちも、ふと見上げた夜空や中空に浮かぶ月の美しさの前では消えてしまいます。視線を落とせば、拠点の明かりも遠くに見え、キノコを待ち望む人たちの顔が過ぎりました。よし、改めて頑張ろう!



大樹を登っては降り、ジャグラスを蹴散らせつつ、なんとかキノコを発見。空を仰ぐと、太陽はすっかり昇っています。どれだけ寄り道したんだ自分。しかし、この寄り道もまた楽し。さらなるキノコを求めて彷徨っていると、アンジャナフやドスジャグラスを発見。いや違う、お前たちじゃない。


アンジャナフの巣まで見つけちゃったし! 後々の狩りが楽になるよ!(逆ギレ)



結局、見つけたキノコが再度生えてくるのを待ち、ジャグラスを倒して剥ぎ取りも。最後はそんな地味な感じで、無事クエスト達成。プケプケやアンジャナフがモンスター図鑑に載りました。この展開、もうちょっと先ではなかろうか。


それはともあれ、集めた素材で今度は防具を生産。よしよし、これで名実共に立派なハンターになれそうです。さらば、無職!


……さらば、無職。こんにちわ、蛮族……。

防御力が上がるしスキルも良さげだったので、頭と胴体をボーンにしてみたら、未開の原住民テイストになってしまいました。そうだよ、ボーンだからこうなるに決まってるじゃないか……。


頭防具は表示しない設定だから大丈夫、という呪文を自分に言い聞かせ、更なる防具を作るため、次なるクエストに。飛び立つ場面もしっかり蛮族ですが……。




ゲストドンをなぎ倒した後、流れでドスジャグラスと戦うことになり、「ただ防具を更新したいだけ」という軟弱な理由で挑むには少々厳しい狩りとなりましたが、乗りも成功して無事討伐達成! その後ムービーが流れてプケプケが登場しましたが、こいつ知ってる! もう知ってるよ!



ムービーでも蛮族感溢れるマイハンターですが、ドスジャグラスの素材で新しい防具を作れば、今度こそ調査団の名に相応しいハンターになれるに違いありません。よーし、早速加工屋へ!


おかしい…こんなはずじゃ……!

いやもちろん、ボーングリーヴを作ったのは自分の意志なんですが。スキルが楽しそうだったので、つい思わず。蛮族風の着こなしが、もういっそ見事な感じです。腰がレザーなのが、かえってアマゾネス感を醸し出しているようで、偶然って恐い!

しかしスキルを捨てる勇気がまだないので、惹かれる防具が出てくるまで、まだこの恰好で突き進むことにします。嗚呼、まさか無職から蛮族になるとは……。



【関連記事】
・『モンハン:ワールド』に降り立つが、しかし狩りに出られない!やり甲斐のあるキャラクリや可愛すぎるオトモアイルーのせいで…【プレイ日記】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/29/112419.html

・「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/31/112464.html

・「どの『モンハン』が一番好き? 携帯機編」結果発表─1位は4割超えの票を獲得! 圧倒的支持を得たタイトルは…
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/29/112437.html

・「どの『モンハン』が一番好き? 据え置き機編」結果発表─名シリーズは人気も肉薄! 上位三作の差はわずか“2%”【アンケート】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/28/112413.html

・『モンハン:ワールド』新要素をおさらい―シームレス、導蟲…注目ポイントは?【狩猟編】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/25/112354.html

・『モンハン:ワールド』新要素をおさらい─かまど焼きやマカ錬金でアイテムゲット、一部の武器は“強化の巻き戻し”も可能!【拠点編】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/25/112370.html
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. クレイトスもにっこり!『ゴッド・オブ・ウォー』今後のアップデートでフォトモード追加

    クレイトスもにっこり!『ゴッド・オブ・ウォー』今後のアップデートでフォトモード追加

  2. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスはどう変わった?ディレクターが語るその内面の変化とは

    新生『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスはどう変わった?ディレクターが語るその内面の変化とは

  3. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』イギリスでシリーズ最大の出だし―2018年SIE作品ではPS4『ワンダと巨像』越える

    新生『ゴッド・オブ・ウォー』イギリスでシリーズ最大の出だし―2018年SIE作品ではPS4『ワンダと巨像』越える

  4. 『モンハン:ワールド』ついに“重ね着装備”に追加が!マム・タロトと同時実装、そして鑑定武器とは…

  5. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』ついに発売!序盤のちょっとした攻略トピックスをご紹介

  6. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  7. 『モンハン:ワールド』マム・タロトが出現する特別調査の流れが明らかに―報酬にはボーナス付きの鑑定武器が!

  8. Rush Gaming首位!「CoD: WWII プロ対抗戦」第1回レポ―賞金総額1000万円を掛けてプロゲーマーが闘う

  9. 『モンハン:ワールド』4月27日より『Devil May Cry』コラボ開始!新イベクエの内容もチェック

  10. PS4版『ボーダーブレイク』専用コントローラー製品化決定!注文受付は5月2日まで

アクセスランキングをもっと見る