人生にゲームをプラスするメディア

「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

シリーズファンだけでなく、新規ユーザーへの訴求にも成功したPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』。すでに出荷本数が、全世界合計で500万本を突破しており、シリーズ史上かつてない好スタートを切っています。

ソニー PS4
「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

シリーズファンだけでなく、新規ユーザーへの訴求にも成功したPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』。すでに出荷本数が、全世界合計で500万本を突破しており、シリーズ史上かつてない好スタートを切っています。

本作には14種類もの武器が登場し、それぞれの特徴を活かした戦い方を楽しめます。使いやすいものから、コツはいるけど長所を引き出せば大ダメージを与えられるものなど様々。そこでインサイドでは、「『モンスターハンター:ワールド』でどの武器を使う?」といったお題でアンケートを実施しました。果たして、どの武器に人気が集まったのか、気になる方はしっかりとチェックしてみてください。

◆下位グループは、支援系が多め?



残念ながら最下位となったのは、「狩猟笛(76票:3.7%)」。気絶も狙える打撃武器で、旋律によるサポートも可能。他の武器にはない特徴を持ち合わせていますが、使用武器の人気としては惜しい結果となりました。

また、13位は「ライトボウガン(78票:3.8%)」、12位は「片手剣(83票:(4.1%)」がランクイン。ライトボウガンは、状態異常を引き起こす様々な弾が使用でき、仲間との連携でより力強さを発揮します。片手剣は、武器を構えたままアイテムが使えるのでトラップの設置なども素早く、さらに体力の少ない仲間を「生命の粉塵」などで助けるといったプレイもしやすい武器です。


こうして見ると、仲間の支援がしやすい武器にはあまり人気が集まっていないように感じられます。武器そのものに人気がないというよりは、「誰かに任せたい武器」といった位置付けなのかもしれません。

そして11位には「ハンマー(105票:5.2%)」、10位には「ランス(129票:6.3%)」がそれぞれ食い込みました。いずれも、過去のシリーズ作品や特定のモンスター相手には非常に強力な武器として活躍しましたが、事前のアンケートでは総じて低めの人気となりました。



中間グループも激戦、5位と9位がわずか“1.5%”差
《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  3. 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か

    【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か

  4. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  5. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  6. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  7. 「配達員にパクられました」―AmazonでPS5を購入完了したはずが…ひとりのゲームファンに起こった悲劇

  8. テトリスがちょっぴり苦手な『ぷよテト2』プレイヤー向け、テトリス基礎知識!覚えるだけで序盤の動きがグッとレベルアップするぞ

  9. 『UFC4』操作やシステムが変わったことでよりリアルに熱くなった総合格闘技ゲーム最新作-何のために鍛錬し何のために戦うのか、その答えがここにある!【プレイレポ】

  10. 『原神』記念イラストに「新キャラ」登場!?ファンからは「ヨォーヨ」と予想される少女

アクセスランキングをもっと見る