人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第86回 待ちに待った『ゼノブレイド』関連のフィギュア!「amiibo シュルク」を触ってみた

インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる毎週連載「日々気まぐレポ」、第86回目でございます。

任天堂 Wii U
amiibo シュルク
  • amiibo シュルク
  • 【日々気まぐレポ】第86回 待ちに待った『ゼノブレイド』関連のフィギュア!「amiibo シュルク」を触ってみた
  • 【日々気まぐレポ】第86回 待ちに待った『ゼノブレイド』関連のフィギュア!「amiibo シュルク」を触ってみた
  • 【日々気まぐレポ】第86回 待ちに待った『ゼノブレイド』関連のフィギュア!「amiibo シュルク」を触ってみた
  • 【日々気まぐレポ】第86回 待ちに待った『ゼノブレイド』関連のフィギュア!「amiibo シュルク」を触ってみた
  • 【日々気まぐレポ】第86回 待ちに待った『ゼノブレイド』関連のフィギュア!「amiibo シュルク」を触ってみた
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる毎週連載「日々気まぐレポ」、第86回目でございます。

先日お知らせもあった通り、本連載は今週から「火曜更新」となり装いも新たに再スタートとなりました。また、今回より「ほぼ隔週」から「毎週連載」にランクアップ。……いや、今までも毎週やったやんけ!というツッコミは置いておいて。実はそういう体だったんです。

あっ、初めましての読者様もいらっしゃいますでしょうか。本連載はこれまで日曜更新で筆者の気が向くままに様々なゲームやアイテムを取り上げてまいりました。これからも変わらず、日々気まぐれに様々な情報をお伝えすることが出来ればと思っておりますので、何卒よろしくお願いします。

さて、挨拶もそこそこに。今週は「amiibo シュルク」をご紹介。こちら、ニンテンドー3DSソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』および、Wii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』シリーズで展開されているamiiboの第3弾ラインナップの一つ。Wiiソフト『ゼノブレイド』の主人公「シュルク」を『スマブラ for 3DS/Wii U』のデザインで立体化したものとなっています。

材質は一般的なフィギュアと同様のPVCとABSが用いられており安心の設計。細部に渡るまで造形も緻密です。剣先や指部分は大変細かいですが、そこは流石の任天堂の製品らしく、多少乱雑に扱ったところで壊れる、といった感触はありません。

また、このサイズのフィギュアにしては塗装が非常に細かく、服の模様や「神剣モナド」に走る光のラインまで劇中のイメージを忠実に再現。アイプリントなどもズレることなく美しく端整な顔立ちをしています。うーん、実にイケメン。

同シリーズの「amiibo リンク」と比べてみると服装デザインの複雑さは対照的。表現に制約のあった時代の出身故に光るリンクのシンプルさも、ハードの進化によって表現の幅の広がった世界で描かれたシュルクのデザインの自由さも甲乙つけがたいものがあります。

『スマブラ for 3DS/Wii U』版のシュルクは、原作『ゼノブレイド』から比べ格段にグラフィックが向上しているため、劇中のイメージを損なわない程度にキャラデザがリニューアルされています。この手のリニューアルはそれぞれのファンの思い出の中で脳内補正されたイメージと「ズレ」が生じることが少なからずあると思うのですが、今回のシュルクに関しては違和感なく受け入れられる素晴らしいデザインとなっているのではないでしょうか。

そして当然そのデザインを元に立体化されたシュルクのamiibo。もちろん単なるフィギュアとしても十分鑑賞に耐えうるものになっており、原作『ゼノブレイド』ファンにとっては正に待望の商品化です。以前にも本連載で述べましたが、一任天堂ファン目線で『スマブラ for 3DS/Wii U』シリーズのamiiboの何が嬉しいかって、今まで立体化に恵まれなかったキャラクターのフィギュアが次々と商品化される、という点に尽きると思うのです。

そりゃあマリオやピカチュウクラスの大スターはさぞいろんな商品を発売して大勢のファンを喜ばせたのでしょう。が、しかしですよ。『ゼルダの伝説』や『ファイアーエムブレム』といった、有名ではあるもののゲーム以外の商品展開が積極的ではなかったタイトルのファンにとっては「公式グッズ」はかなり希少な存在なのです。たとえ雑誌のオマケシールであろうとも、それはそれは大変貴重なものとして扱われました(筆者経験談)。ましてや立体物たる「フィギュア」なんてそうそう出てくれるものではありませんでしたし(今でこそ、グッスマさんやMAX FACTORYさん辺りが精力的に任天堂関連フィギュアをリリースされていますが)喉から手が出る程の存在だったのです。

そこに颯爽と現れ続々と発売される「amiibo」の数々……今まで他の人気タイトルの関連フィギュアを羨ましげに見つめることしか出来なかったファンの目の前に差し出された「ゲームでも遊べるフィギュア」。なんとも任天堂らしいじゃあありませんか。ニクいです。ズルいです。そらこんなもん、買うしか無いやないかと。また集めるのにちょうどいいサイズ。手頃な価格帯。これはやりおったなー!と。一本取られた感じです。まんまと罠に引っかかった気がしないでもない。いや喜び勇んで飛び込んでいくね!

そんなわけでようやく発売された『ゼノブレイド』関連フィギュア第1弾の「amiibo シュルク」。『スマブラ for 3DS/Wii U』プレイヤーはもちろんのこと、『スマブラ』は持っていないけど原作ファンだ、という方にも是非オススメしたい逸品です。また、Newニンテンドー3DS版『ゼノブレイド』とも連動させることができるのでそちらを購入予定の方も是非このamiibo シュルクをお迎えしてみてはいかがでしょうか。

「amiibo シュルク」は好評発売中。価格は1,200円(税別)です。

(C)Nintendo / MONOLITHSOFT


■筆者紹介:ひびき
ゲームやアニメが大好きな駆け出しライター。
アニメイズムが金曜お引越しだそうです。
在阪局特有の他局と視聴者取り合うよりは
皆で譲り合おうという精神……素晴らしい。
他業界ではなかなか出来ないそこに痺れる憧れる。

Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  2. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  3. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  4. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  5. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

アクセスランキングをもっと見る