人生にゲームをプラスするメディア

忙しい人向け!3分で読めるE3 2014発表まとめ(1日目) ― 須田剛一、神谷英樹の新作など

ゲームビジネス その他

現地時間の6月10日から開催されるE3 2014に先駆けて、マイクロソフト、エレクトロニック・アーツ、ユービーアイソフト、ソニーがプレスカンファレンスを実施しました。

◆マイクロソフト




まずは、クリスマスのマンハッタンで銃撃戦が繰り広げられる『The Division』、4人Co-opが可能になった『アサシンクリード ユニティ』、近未来が舞台の『コール・オブ・デューティ アドバンスドウォーフェア』などのゲームプレイが披露。その後、Xboxを代表するゲーム『HALO』の新作『Halo 5: Guardians』のベータテストが12月から開始されることが告知されました。併せて、主人公・マスターチーフのストーリーをモーラした『Halo: ザ マスターチーフ コレクション』の発売も決定。サプライズとしては、神谷氏率いるプラチナゲームズの新作『スケールバウンド』、初代Xboxで登場した超能力アクション新作『ファントムダスト』、新たなララ・クロフトを描くシリーズ最新作『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』が発表されました。

◆エレクトロニック・アーツ



最大のビックニュースとしては、『バトルフィールド ハードライン』のベータテストが本日からスタートすることが発表され、プレイデモが披露されました。併せて、『Sims』『マスエフェクト』『FIFA』の続編の情報が発表。また、常々噂されていた『ミラーズエッジ』最新作の開発風景に迫る映像と、アートワークも公開されました。

◆ユービーアイソフト




人気シリーズの続編として、『レインボーシックス シージ』『ジャストダンス2015』『ファークライ4』の情報が公開。新規IPでは、次世代ドライビングゲーム『ザ・クルー』、MassiveスタジオとReflectionsが共同で開発を進めているオープンワールドゲーム『Tom Clancy's The Division』、第一次世界大戦が舞台のヒューマンドラマ2Dパズル『バリアント ハート』のプレイデモなどが披露されました。

◆ソニー




新規IPとして、須田氏の新作『Let It Die』、フロム・ソフトウェアの新作『ブラッドボーン』が発表され、『The Order: 1886』の発売日が決定しました。また『MGS V: TPP』最新トレイラーや、『バットマン: アーカムナイト』のプレイデモ披露などが行われたほか、『GTA V』『The Last of Us』のPS4版が発表。続編では、『アンチャーテッド 4: A Thief's End』『リトルビッグプラネット 3』が発表されました。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

    スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

  2. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  3. 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

    高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

  4. AppBank、『ポケットベガス』のゼペットを子会社化

  5. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  6. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  7. さよなら円高!「Unity Pro」の日本販売価格が改定 ― 最終駆け込みキャンペーンも実施

  8. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  9. バンダイナムコ、1月より港区芝の新オフィスに本社機能を移転

  10. 2017年の世界のゲーム市場は11兆円規模に・・・次世代機が成長牽引もシェアは縮小

アクセスランキングをもっと見る

1