人生にゲームをプラスするメディア

ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

ソニックファンの少年は、3年の年月をかけてハリネズミの飼育を合法化させることに成功しました。

ゲームビジネス その他
ソニックファンの少年は、3年の年月をかけてハリネズミの飼育を合法化させることに成功しました。

カンザス州ローレンス市に住む11歳のJudson King君は『ソニック ザ ヘッジホッグ』のファン。ソニックのようなハリネズミを飼おうとするも、ローレンス市ではげっ歯類の飼育が法律で禁止されていました。

Judson King君とお母さんは3年の年月をかけて調査を行い、2008年1月に市役所へ嘆願の手紙を送付。Judson King君は、ハリネズミに関する資料を手に、スーツとネクタイを身につけて市役所へ赴いたといいます。

げっ歯類の飼育禁止に関しては明確な理由が無く、ローレンス市ではげっ歯類の飼育は合法化となり、現在Judson King君は“Little Luke”というハリネズミを飼っているとのことです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. 特別対談 ずらり揃った4社の代表が今後のゲームエンジン・ミドルウェアについて語り尽くす!・・・GTMF2013直前インタビュー

  5. 賞金総額4600万円・・・米アクティビジョンが優秀なインディーズゲームを募集するコンテスト

  6. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  7. プラチナゲームズ、テンセントと資本提携―今後はパブリッシング事業に着手

  8. 日本代表としてゲームを作る・・・プラチナゲームズの本音を語る座談会(後編)

  9. 北米でゲーム産業に従事する専門家は約4万人―調査結果

  10. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る