人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、ロシアに現地法人を設立・・・市場は成長中

有価証券報告書から、任天堂が前期中(2012年4月1日~2013年3月31日)に、ロシアに現地法人Nintendo RU LLC.を設立したことが明らかになりました。資本金は1億0400万ルーブルで、出資比率は100%。

ゲームビジネス 市場
成長するロシアのゲーム市場写真提供: Getty Images
  • 成長するロシアのゲーム市場写真提供: Getty Images
有価証券報告書から、任天堂が前期中(2012年4月1日~2013年3月31日)に、ロシアに現地法人Nintendo RU LLC.を設立したことが明らかになりました。資本金は1億0400万ルーブルで、出資比率は100%。

ロシアは任天堂オブヨーロッパの管轄地域で、2006年から現地企業ND Gamesに対して任天堂製品の独占販売ライセンスが付与されてきました。現在もND Gamesのウェブサイトには任天堂のロゴが記載されていて、関係は継続しているようです。ND Gamesは傘下のNoviy Diskを通じて、多数の海外パブリッシャーのタイトルの販売をロシア国内で手掛けています。

ロシアのゲーム市場は拡大傾向にあり、DISCOVERY Research Groupの報告によれば、2010年の売上高は7億3700万ドル。うちコンソールは1億ドル、PCは2.3億ドル、オンラインは2.8億ドルなどとなっています(Digital RiverのPhilip Driver氏によるロシア市場の報告)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 【DEVELOPER'S TALK】

    【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  7. 新会社KADOKAWA・DWANGO設立を正式発表 、統合の要点をチェック

  8. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  9. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  10. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

アクセスランキングをもっと見る