人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成25年第2四半期の業績は想定を下回る ― 通期業績も下方修正

ゲームビジネス 市場

任天堂は平成25年第2四半期の業績を発表しました。期初の予想を下回る数字で、それをうけ、通期の業績予想も下方修正しています。

第2四半期累計連結業績の実績は、売上高2009億9400万円(前回予想:2300億円)、営業損失291億5900万円(同250億円)、経常損失472億4800万円(同300億円)、四半期純損失279億6600万円(同200億円)となっており、売上高は予想より12.6%減少し、赤字幅も予想値より大きくなっています。

理由としては、ニンテンドー3DSのハード・ソフトの販売が海外において想定を下回ったこと。また、為替相場が想定を上回る円高で推移したことに加え、営業外費用として232億円の為替差損が発生したことが主な理由です。

今回見通しを下回る実績となったことで、通期の業績予想も下方修正されています。売上高は8100億円(前回予想:8100億円)、営業利益200億円(同350億円)、経常利益100億円(同350億円)、当期純利益60億円(同200億円)と増減率では営業利益が42.9%減、経常利益が71.4%減、当期純利益が70%減と大幅に下方修正されています。

理由としては、為替相場が当初の予想より円だがで推移していることに加え、上期の実績を考慮し、今後のソフト・ハードの予想販売量構成等を見直したことで上記の予想値になったということです。

今後はニンテンドー3DSの販売に注力し、年末商戦期に投入するWii Uで巻き返しを図るとのこと。平成25年第2四半期決算の詳細につきましては、後ほど詳しくお伝えします。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

    今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  2. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 任天堂オブアメリカとマイクロソフトの場外乱闘

    任天堂オブアメリカとマイクロソフトの場外乱闘

  4. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  5. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  6. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  7. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  8. 『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

アクセスランキングをもっと見る