人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成25年第2四半期の業績は想定を下回る ― 通期業績も下方修正

任天堂は平成25年第2四半期の業績を発表しました。期初の予想を下回る数字で、それをうけ、通期の業績予想も下方修正しています。

ゲームビジネス 市場
任天堂は平成25年第2四半期の業績を発表しました。期初の予想を下回る数字で、それをうけ、通期の業績予想も下方修正しています。

第2四半期累計連結業績の実績は、売上高2009億9400万円(前回予想:2300億円)、営業損失291億5900万円(同250億円)、経常損失472億4800万円(同300億円)、四半期純損失279億6600万円(同200億円)となっており、売上高は予想より12.6%減少し、赤字幅も予想値より大きくなっています。

理由としては、ニンテンドー3DSのハード・ソフトの販売が海外において想定を下回ったこと。また、為替相場が想定を上回る円高で推移したことに加え、営業外費用として232億円の為替差損が発生したことが主な理由です。

今回見通しを下回る実績となったことで、通期の業績予想も下方修正されています。売上高は8100億円(前回予想:8100億円)、営業利益200億円(同350億円)、経常利益100億円(同350億円)、当期純利益60億円(同200億円)と増減率では営業利益が42.9%減、経常利益が71.4%減、当期純利益が70%減と大幅に下方修正されています。

理由としては、為替相場が当初の予想より円だがで推移していることに加え、上期の実績を考慮し、今後のソフト・ハードの予想販売量構成等を見直したことで上記の予想値になったということです。

今後はニンテンドー3DSの販売に注力し、年末商戦期に投入するWii Uで巻き返しを図るとのこと。平成25年第2四半期決算の詳細につきましては、後ほど詳しくお伝えします。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

    「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  2. 今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

    今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  6. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 任天堂が有価証券報告書などを訂正

  9. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  10. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

アクセスランキングをもっと見る