人生にゲームをプラスするメディア

自分で撮影した写真がゲームのステージに ― ナムコバンダイが特許を出願

ナムコバンダイの新特許は自分でステージを作れるゲームのようです。

ゲームビジネス 開発
自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
  • 自分で撮影した写真がゲームのステージに-ナムコバンダイが特許を出願
ナムコバンダイの新特許は自分でステージを作れるゲームのようです。



ナムコバンダイは、自分で撮影した写真からゲームのステージを作成するという特許をUSPTO(米国特許商標庁)に出願しています。



ゲーム機のカメラで写真を撮影すると、これをステージとしてゲームを遊べるというもので、提出された書類では「窓から飛び出してくるゴーストをタッチペンで叩いて倒す」というモグラ叩き風のゲームが提唱されています。

撮影された風景はプログラムが解析を行うことで立体物として認識されるため、家の側面など奥行きのある場所からでもゴーストが自然に飛び出すことが可能となっています。

なお、書類にはニンテンドーDSそっくりのゲーム機が描かれています。カメラ内蔵の携帯ゲーム機といえばニンテンドーDSiがその代表。今回の特許はニンテンドーDSiに使われるのか、それとも同様にカメラを内蔵したニンテンドー3DSが対象なのか、気になるところですね。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

    ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  3. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

    SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【Sales INSIDE】第3回 初動率ってなんだ

  6. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  7. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  8. 月刊任天堂2月号は『スーパーマリオストライカーズ』の体験版を収録

  9. 「世界で最も評判の良い企業」、任天堂がゲーム会社ではトップに

  10. 任天堂、ロゴを変更?

アクセスランキングをもっと見る