人生にゲームをプラスするメディア

「暴力描写がゲームを楽しくするわけではない」−米調査結果

過激な暴力描写を扱う海外ゲームが増えていますが、「暴力描写がゲームを楽しくするわけではなく、暴力描写よりもチャレンジが好まれる」とする研究結果が発表されました。

ゲームビジネス その他
過激な暴力描写を扱う海外ゲームが増えていますが、「暴力描写がゲームを楽しくするわけではなく、暴力描写よりもチャレンジが好まれる」とする研究結果が発表されました。

米ロチェスター大学とImmersyve社は2670名のゲーマーと300人の学生を集めて暴力描写がプレイへのモチベーションに与える影響を調査しました。

実験の一つは『Half-Life 2』を改造したもので行われました。
暴力描写が過激なものと暴力描写が皆無のものをプレイして貰い、再度ゲームをプレイしたいかどうか尋ねたところ、暴力描写とゲームの満足度は無関係という結果が出たとのこと。暴力描写が過激なものはショットガンを武器とした血まみれの戦闘が行われ、皆無のものはサイキックパワーを使った鬼ごっこ的なゲームとなり攻撃された相手は蒸発するかのように空中へと浮かんで消えたといいます。

調査を行った一人であるAndrew Przybylski氏は社会心理学を研究する大学院生で「暴力的なコンテンツそのものがゲームを遊ぶモチベーションとなるのかどうか知りたかった」と語ります。「ゲームの人気は、プレイヤーが共に相互作用し上達する余地を与えることにある」「彼らが引き金を引いていた時は本当の喜びを得ませんでしたが、次に何を成すべきかの目的を与えた時、ゲームを再度プレイしたいと答えたのは攻撃性の低い人々でした」とコメント。暴力描写とゲームの満足度は無関係であり、プレイヤーに目的を与えることが重要であるとする見解を明らかにしました。

Immersyve社の社長であるScott Rigby氏は「我々の調査は、暴力が価値を構成する要素ではないかも知れないことを示しました。これは市場を広げると同時に、開発者は暴力から解き放たれたデザインができます」とコメントしています。

海外市場で暴力描写が重視される中、任天堂は過激な暴力描写を含まないゲームをリリースし続けていますが、今回の調査結果があらゆる状況に当てはまるとするなら、任天堂の手法の有効性を示すものとも言えるのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. アメリカゲーム業界の平均年収はおいくら?調査結果が発表される

    アメリカゲーム業界の平均年収はおいくら?調査結果が発表される

  2. 【CEDEC 2014】海外にスタジオを設立するとき、どうやって開発ツールを調達すればいい?

    【CEDEC 2014】海外にスタジオを設立するとき、どうやって開発ツールを調達すればいい?

  3. 吉本興業が手掛けるe-Sportsチームとリーグの運営とは?「吉本興業e-Sportsセミナー」レポート

    吉本興業が手掛けるe-Sportsチームとリーグの運営とは?「吉本興業e-Sportsセミナー」レポート

  4. 第23回次世代ワールドホビーフェア福岡大会 レポート

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. 今週発売の新作ゲーム『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』『侍道外伝 KATANAKAMI』他

  7. バンナムの巨大ロボVR『アーガイルシフト』豪華スタッフ陣が公開!原田勝弘、Production I.G、柳瀬敬之など

  8. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  9. 宮本茂氏が今年のGDCで基調講演を行うことが決定!

  10. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

アクセスランキングをもっと見る