人生にゲームをプラスするメディア

週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年12月12日-月18日

ゲームビジネス その他

クリスマス商戦の真っ只中、DS『おいでよ どうぶつの森』とニンテンドーDS本体の売り上げが止まりません。どちらとも先週と比べさらに売り上げを伸ばしていますが、特にDS本体は大幅な伸びとなっています。その他のDSソフトも好調でこれらがハードの売り上げに大きく貢献してるのは確実だと思われます。

その他、GBA『ファイナルファンタジーIVアドバンス』(本体同梱版含む)が約9.6万本あまりを売り上げ好調なスタートを切りました

※は週間ゲームソフト・ハード売り上げを独自に累計したものです。尚、ハードは2005年分の累計となります。

ソフト

順位 前回 機種 タイトル 発売元 発売日 週間販売本数 ※累計販売本数
1 PS2 テイルズ オブ ジ アビス ナムコ 2005/12/15 404,667 404,667
2 3 DS おいでよ どうぶつの森 任天堂 2005/11/23 183,699 760,977
3 2 DS マリオカートDS 任天堂 2005/12/8 145,666 365,057
4 GBA ファイナルファンタジーIV アドバンス(同梱版含む) スクウェア・エニックス 2005/12/15 96,848 96,848
5 10 DS たまごっちのプチプチおみせっち バンダイ 2005/9/15 91,747 -(推定50万本以上)
6 9 GBA ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊 ポケモン 2005/11/17 84,669 355,625
7 6 DS ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊 ポケモン 2005/11/17 80,484 353,917
8 - DS 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 任天堂 2005/5/19 56,529 -(推定80万本以上)
9 1 PS2 ローグギャラクシー SCE 2005/12/8 50,520 288,151
10 - DS やわらかあたま塾 任天堂 2005/6/30 47,799 -(推定70万本以上)


ハード

順位 機種 発売元 週間販売台数 ※累計販売台数
1 ニンテンドーDS 任天堂 408,770 3,362,081(1,286,074)
2 プレイステーションポータブル ソニー 95,689 2,029,588(352,295)
3 プレイステーション2 ソニー 55,342 1,999,857
4 ゲームボーイアドバンスSP 任天堂 19,098 761,302
5 ゲームキューブ 任天堂 17,849 253,757
6 ゲームボーイミクロ 任天堂 14,432 384,593
7 Xbox360 マイクロソフト 8,623 52,593
8 ゲームボーイアドバンス 任天堂 416 628,007
9 Xbox マイクロソフト 182 12,488
()は2004年累計 *は2005年分を近々再集計予定

メディアクリエイト調べ
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

    【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  2. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  5. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  6. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  7. レア社の創業者であるスタンパー兄弟が退社

  8. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  9. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

  10. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

アクセスランキングをもっと見る