人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン

ゲームビジネス その他
【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第11回香港の『マリオカートWii』キャンペーン


連載第11回目の今回ご紹介するのは、海外は香港で行われている『マリオカートWii』のキャンペーングッズです。国内のコンビニで「マリオカートWii プルバックカーオンパックキャンペーン」が行われているのは先週お伝えしましたが、香港でもコンビニでマリオのキャンペーンが行われているのです。

今月上旬から、香港のコンビニ「OK便利店」(日本でいう「サークルK」)で、対象商品を20香港$(約300円)以上買うと『マリオカートWii』の缶バッジが貰えるキャンペーンが行われています。缶バッジは1袋に1個ランダムで封入されており、全部で21種類。大きさは3cmほどで、ラメ入りの背景にキャラクターやアイテムがプリントされています。

パッケージは小さい中には缶バッジが1つ全21種類


さらに、新聞か雑誌を購入することで「LUCKEY STAR」と書かれたマリオのポケットティッシュがもらえます。日本でよく見るモノより一回り小さく、中にはティッシュ5枚と、パッケージと同サイズのカードが入っています。このカードはラッキーカード。金券かマリオキャラクターが描かれたカードに、「今日の運勢」がスターの数(5段階あり、数が多いほど運勢が良い)で表されています。ちなみに、ルイージの幸運指数(スターの数)は「2」・・・

少し小さいサイズですパッケージは2種類ラッキーカード


また、「OK便利店」限定のグッズも販売されており、20香港$(約300円)以上購入すると、買うことができます。種類は以下の通り。
「巨大缶バッジ」・・・直径6cmと、購入時に貰える缶バッジより4倍もの大きさのある缶バッジ。2個セットで販売されており、全4種類。写真の3種の他に、マリオ&ルイージのタイプがあります。
「クリアファイル」・・・ラメ入りで「2009」と描かれたA4サイズのクリファイル。裏面は白い背景に『マリオカートWii』のロゴが中央にプリントされています。
「システム手帳」・・・スケジュールやノートが一緒になった、システム手帳。ハードカバーで、ページ数も多く厚みがあります。クリアケース入り。
「コレクションタペストリー」・・・集めた缶バッジをつっくけてコレクションすることができるタペストリー。カンレダー付きなので、そのまま壁に飾れます。

巨大缶バッジクリアファイル&手帳タペストリー


ちなみに、昨年は『Newスーパーマリオブラザーズ』で、ラバークリップが貰えるキャンペーンが行われていました。年末恒例のキャンペーンだそうです。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

    元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

  2. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 【CEDEC 2008】ネットワークゲームの開発と海外展開について

  5. ポケモンUSAの社長が交代

  6. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  7. 本日、日本一ソフトウェアが設立20周年!新しい社名ロゴを公開

  8. かっこいいけど使い難そうなNES(ファミコン)風マウス

  9. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  10. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る