人生にゲームをプラスするメディア

【LEVEL5 VISION 2008】こちらも祝10周年『ダンボール戦機』と『うしろ』が発表に(5)

続いてはPSPの10周年記念作品が2タイトル発表になりました。

ゲームビジネス その他
ダンボール戦機
  • ダンボール戦機
  • うしろ
  • 【LEVEL5 VISION 2008】こちらも祝10周年『ダンボール戦機』と『うしろ』が発表に(5)
  • ダンボール戦機
  • うしろ
  • 【LEVEL5 VISION 2008】こちらも祝10周年『ダンボール戦機』と『うしろ』が発表に(5)
  • ダンボール戦機
  • うしろ
続いてはPSPの10周年記念作品が2タイトル発表になりました。

■少年に帰る大人たち『ダンボール戦機』

「少年のころはガンプラが好きだったんです」と日野社長はガンプラのような箱を何個か取り出します。しかし。ちょっと違います。それは2050年、大ヒットする小型戦闘ロボット「LBX」(Little Battler eXperience)なのです!



ストーリー

2050年。おもちゃメーカー、タイニーオービット社が開発した、小型戦闘ロボット「LBX」(Little Battler eXperience)が子供たちの話題をさらった。しかし、あまりにも強力な性能をもったLBXは危険な製品として、発売中止に追い込まれることとなる。そこへ、世界の物流を大きく進歩させた、内外からの衝撃を80%吸収する、革新的な未来の箱「強化ダンボール」の登場により、その中で作られた戦場の中で闘うルールの上で、「LBX」は再発売されることとなる。強化ダンボールという戦場で闘う小さな戦士たち。人は、その小さな戦士たちを「ダンボール戦機」と呼んだ。

主人公は13歳の少年・山野バン。メカやプラモが大好きな男の子です。模型屋てパーツを購入、自分だちのマシンを組立、対戦していきます。

発売は2009年予定。アニメーション制作を「イナズマイレブン」や「ポケットモンスター」のOLMが担当します。

■禁断のテーマ

もう一本の『うしろ』は、明るさ漂う『ダンボール戦機』とは対照的な、命の尊さを問う、心霊ホラーRPGになります。



ストーリー

主人公の「宇城霊一郎(うしろ れいいちろう)」=「うしろ」は、死神族の使者です。命を奪うかわりにその人の願いをひとつだけかなえていきます。しかし、その『願』をかなえるうちに、霊一郎は、思いとは裏腹に、人を救ってしまうことに・・・。

『うしろ』は死をテーマにした心霊ホラーRPG。プレイヤーは、通常状態(死神)の霊一郎を操作し、人に話しかけると、心で思ってることや、独り言を聞くことができる「死神モード」と、人物に憑依して、その人の視点からでないと見えない信実を知ることのできる「憑依モード」の2つを駆使して物語を進めていきます。時には、霊一郎の前に「フォーム」と呼ばれる、人の邪悪な心が具現化した魔物がたちはだかることも。

恐怖が描かれる一方で、決して「善」ではないものの、心温まる、ホラー&ハートウォーミングストーリーも楽しむことができるということです。

こちらも2009年発売予定です。

LEVEL5 VISION 2008 関連記事
【LEVEL5 VISION 2008】大ヒットシリーズの確立『レイトン教授』シリーズ(1)
【LEVEL5 VISION 2008】カジュアルゲーム進出「アタマニアシリーズ」(2)
【LEVEL5 VISION 2008】大規模クロスメディア展開は『イナズマイレブン』(3)
【LEVEL5 VISION 2008】10周年記念作品はあのスタジオジプリも参加(4)
【LEVEL5 VISION 2008】こちらも祝10周年『ダンボール戦機』と『うしろ』が発表に(5)
【LEVEL5 VISION 2008】10年目の新たな挑戦!仮想ゲーム機型ポータルサイト「ROID」6
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『BAYONETTA&VANQUISH』『Xenoblade Definitive Edition』『Minecraft Dungeons』他

    今週発売の新作ゲーム『BAYONETTA&VANQUISH』『Xenoblade Definitive Edition』『Minecraft Dungeons』他

  2. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

    【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  3. マリオブランドのスニーカーが「Run Athletics」から登場

    マリオブランドのスニーカーが「Run Athletics」から登場

  4. 任天堂、ロゴを変更?

  5. ゲームにも第二の人生があるか? キャラ絵など素材一式を無償公開したゲーム

  6. 「逆転裁判 オーケストラアルバム」MIDIデータ音源配信についてのお詫び

  7. 【CEDEC 2014】プロシージャルなアセット制作でゲーム制作を劇的に変える「Houdini Engine」

  8. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  9. ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

  10. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

アクセスランキングをもっと見る