人生にゲームをプラスするメディア

物価高騰で注目を集める娯楽は「ゲーム」や「テレビ」

ゲームビジネス その他

家庭用ゲームソフトなどデジタルエンターテインメント情報を女性やファミリー層に発信している月刊フリーペーパー「ゆーゆー」は、物価の高騰が懸念される現在「今後、休日をどのように過ごしたいか?」というテーマでアンケートを読者を対象に行い、その調査結果を発表しました。

■ゲームやテレビの支持が約7割

諸物価高騰を受けての休日の過ごし方(女性)諸物価高騰を受けての休日の過ごし方(男性)


まず、物価が高騰する中、「今後、休日をどのように過ごしたいか?」と尋ねたところ、「自宅で家庭用ゲーム」(女性74.4%、男性69.1%)という回答と、「自宅でテレビ・DVD・ビデオ・音楽鑑賞」(女性76.2%、男性67.1%)という回答がダントツでした。

これは「出かける事自体が経済的ではない」と言うイメージが一般に植え付けられつつある兆候とも見受けられ、「無駄なお金を使うくらいなら自宅で遊ぶ方が楽しい」と考える消費者の実態がわかります。出費を伴う外出より、家庭の中で楽しめる経済的なホームエンターテインメントに絞り込まれているのが現状のようです。

テレビやビデオ鑑賞以外では「自宅で読書」(女性52.9%、男性37.6%)や「自宅でパソコンのインターネット」(女性38.7%、男性33.9%)など、自宅での過ごし方に高い数字が出ている一方、「旅行」「ドライブ」「映画鑑賞」「スポーツ」「外食」など、外出を伴う娯楽はいずれ男女共に伸び悩んでいます。

■ゲームを遊ぶ場所は男女で異なる

家庭用ゲームをプレイする場所(男女)


「家庭用のゲームをどんな場所で遊びますか?」という質問では、女性のトップが「自宅のリビング」(73.0%)、男性のトップが「自宅の自分の個室」(60.7%)と、男女でプレイスタイルが異なっているのが分かります。男性は1人でプレイするのが大半で、女性は1人で遊ぶよりも複数人でゲームを楽しむ事が多いようです。

次点では「電車・バス・車の中」や「友人・知人宅」と言う結果なっており、場所を選ばす遊べるニンテンドーDSやPSPが普及している現在ならではの結果で、移動時間を利用して遊んだりする人も多いのが分かります。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  4. Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

  9. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  10. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

アクセスランキングをもっと見る