人生にゲームをプラスするメディア

「CRI ADX2」と「CRI Sofdec2」がGoogle Native Clientに対応 ― 体験デモも公開

ゲームビジネス 開発

CRI・ミドルウェアは、同社の主力製品であるオーディオミドルウェア「CRI ADX2」およびムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」をウェブアプリケーション向けプラットフォーム「Google Native Client」向けに展開開始しました。

「Google Native Client」は、ブラウザ上で高速に動くウェブアプリケーションの開発・実行を可能にする技術。OSに依存せず、CPUが直接解釈・実行できるネイティブコードを、ウェブアプリケーションから安全に実行できるため、CPUの性能を最大限に活用した高パフォーマンスなアプリ開発が可能となっています。

Native Client対応の「ADX2」は、多彩なサウンド表現を可能にします。BGMを再生しながら複数のセリフや効果音を同時に再生したり、ゲームの状況に応じてサウンドを動的に変化させたり、サウンドにさまざまなエフェクトをかけるといったことが手軽に実現可能です。

一方「Sofdec2」は通常のムービー再生に加え、アルファ(透過)値付きのムービー再生や3Dとムービーの融合といった、ゲームにムービーを重ねたリッチな演出を可能としています。メニュー画面にムービーを重ねたり、立ち絵やカットインアニメーションにムービーを使うといった演出が手軽に実現可能です。他のゲーム機ですでに「ADX2」や「Sofdec2」を利用して開発されたタイトルであれば、そのままブラウザ向けに展開することも容易となっています。

CRI・ミドルウェアは、Native Client版「ADX2」「Sofdec2」のデモをウェブサイトでも公開中。インタラクティブに変化するサウンドや、ムービーを活用した特殊な演出の様子が、ブラウザで確認可能となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  8. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  9. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  10. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

アクセスランキングをもっと見る

page top