人生にゲームをプラスするメディア

「CRI ADX2」と「CRI Sofdec2」がGoogle Native Clientに対応 ― 体験デモも公開

ゲームビジネス 開発

CRI・ミドルウェアは、同社の主力製品であるオーディオミドルウェア「CRI ADX2」およびムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」をウェブアプリケーション向けプラットフォーム「Google Native Client」向けに展開開始しました。

「Google Native Client」は、ブラウザ上で高速に動くウェブアプリケーションの開発・実行を可能にする技術。OSに依存せず、CPUが直接解釈・実行できるネイティブコードを、ウェブアプリケーションから安全に実行できるため、CPUの性能を最大限に活用した高パフォーマンスなアプリ開発が可能となっています。

Native Client対応の「ADX2」は、多彩なサウンド表現を可能にします。BGMを再生しながら複数のセリフや効果音を同時に再生したり、ゲームの状況に応じてサウンドを動的に変化させたり、サウンドにさまざまなエフェクトをかけるといったことが手軽に実現可能です。

一方「Sofdec2」は通常のムービー再生に加え、アルファ(透過)値付きのムービー再生や3Dとムービーの融合といった、ゲームにムービーを重ねたリッチな演出を可能としています。メニュー画面にムービーを重ねたり、立ち絵やカットインアニメーションにムービーを使うといった演出が手軽に実現可能です。他のゲーム機ですでに「ADX2」や「Sofdec2」を利用して開発されたタイトルであれば、そのままブラウザ向けに展開することも容易となっています。

CRI・ミドルウェアは、Native Client版「ADX2」「Sofdec2」のデモをウェブサイトでも公開中。インタラクティブに変化するサウンドや、ムービーを活用した特殊な演出の様子が、ブラウザで確認可能となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  5. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  6. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

アクセスランキングをもっと見る

page top