人生にゲームをプラスするメディア

CRI・ミドルウェア、「CRI ADX 2」をインディーズ開発者向けに無償提供

ゲームビジネス 人材

ADX 2 LE ツール画面
  • ADX 2 LE ツール画面
  • ロゴ
CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発向けオーディオシステム「CRI ADX 2」について、インディーズ開発者向けに無償版「CRI ADX2 LE」として2月から提供開始すると発表しました。

「CRI ADX 2」はデファクトスタンダードとして家庭用ゲーム機を中心に数多くのゲームで採用されているオーディオシステムで、サウンドのオーサリングから再生部分まで一貫して担います。環境に応じてサウンドを動的に変化させる機能や独自開発の高圧縮率フォーマット、ファイルシステムなども提供されます。

新たに提供が開始される予定の「CRI ADX2 LE」は、個人や学生、ベンチャー企業等のインディーズゲーム開発をサポートすることを目的に無償で誰でも利用可能な形で提供されます。「CRI ADX 2」と機能に相違は無く、家庭用ゲーム開発と同じサウンドデザインを実現できます。近年利用が拡大している「Unity 3D」向けのフォーマット出力にも対応し、容易にiOS/Android/PCなどのゲーム開発で利用可能です。また、Wavフォーマットでの出力も可能で、ゲーム以外での利用も想定されます。

CRI・ミドルウェアでは今月25日から開催されるGlobal Game Jam 2013にツール協賛として本製品を提供予定で、それに先立つ22日~24日の19:30~21:00の日程でツールを実践的に学ぶことのできるワークショップも実施します。参加はウェブサイトから。

また同社ではツイッター(@ringo_cri)とフェイスブック(http://www.facebook.com/CRI.Middleware)の公式アカウントを開設。最新情報を伝えていくとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【DEVELOPER'S TALK】

    【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  6. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  7. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  8. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  9. マーベラス、PS Vita向けF2P『ハイスクールD×D NEW FIGHT』を発表、他にも新規IPやワールドワイド向けタイトルを進行

  10. カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

アクセスランキングをもっと見る