人生にゲームをプラスするメディア

CRI・ミドルウェア、「CRI ADX 2」をインディーズ開発者向けに無償提供

ゲームビジネス 人材

ADX 2 LE ツール画面
  • ADX 2 LE ツール画面
  • ロゴ
CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発向けオーディオシステム「CRI ADX 2」について、インディーズ開発者向けに無償版「CRI ADX2 LE」として2月から提供開始すると発表しました。

「CRI ADX 2」はデファクトスタンダードとして家庭用ゲーム機を中心に数多くのゲームで採用されているオーディオシステムで、サウンドのオーサリングから再生部分まで一貫して担います。環境に応じてサウンドを動的に変化させる機能や独自開発の高圧縮率フォーマット、ファイルシステムなども提供されます。

新たに提供が開始される予定の「CRI ADX2 LE」は、個人や学生、ベンチャー企業等のインディーズゲーム開発をサポートすることを目的に無償で誰でも利用可能な形で提供されます。「CRI ADX 2」と機能に相違は無く、家庭用ゲーム開発と同じサウンドデザインを実現できます。近年利用が拡大している「Unity 3D」向けのフォーマット出力にも対応し、容易にiOS/Android/PCなどのゲーム開発で利用可能です。また、Wavフォーマットでの出力も可能で、ゲーム以外での利用も想定されます。

CRI・ミドルウェアでは今月25日から開催されるGlobal Game Jam 2013にツール協賛として本製品を提供予定で、それに先立つ22日~24日の19:30~21:00の日程でツールを実践的に学ぶことのできるワークショップも実施します。参加はウェブサイトから。

また同社ではツイッター(@ringo_cri)とフェイスブック(http://www.facebook.com/CRI.Middleware)の公式アカウントを開設。最新情報を伝えていくとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  7. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  8. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  9. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  10. 『グランブルーファンタジー』VRデモ一般公開!3DCGになったヴィーラとフェリに会える

アクセスランキングをもっと見る