人生にゲームをプラスするメディア

CRI・ミドルウェア、「CRI ADX 2」をインディーズ開発者向けに無償提供

ゲームビジネス 人材

ADX 2 LE ツール画面
  • ADX 2 LE ツール画面
  • ロゴ
CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発向けオーディオシステム「CRI ADX 2」について、インディーズ開発者向けに無償版「CRI ADX2 LE」として2月から提供開始すると発表しました。

「CRI ADX 2」はデファクトスタンダードとして家庭用ゲーム機を中心に数多くのゲームで採用されているオーディオシステムで、サウンドのオーサリングから再生部分まで一貫して担います。環境に応じてサウンドを動的に変化させる機能や独自開発の高圧縮率フォーマット、ファイルシステムなども提供されます。

新たに提供が開始される予定の「CRI ADX2 LE」は、個人や学生、ベンチャー企業等のインディーズゲーム開発をサポートすることを目的に無償で誰でも利用可能な形で提供されます。「CRI ADX 2」と機能に相違は無く、家庭用ゲーム開発と同じサウンドデザインを実現できます。近年利用が拡大している「Unity 3D」向けのフォーマット出力にも対応し、容易にiOS/Android/PCなどのゲーム開発で利用可能です。また、Wavフォーマットでの出力も可能で、ゲーム以外での利用も想定されます。

CRI・ミドルウェアでは今月25日から開催されるGlobal Game Jam 2013にツール協賛として本製品を提供予定で、それに先立つ22日~24日の19:30~21:00の日程でツールを実践的に学ぶことのできるワークショップも実施します。参加はウェブサイトから。

また同社ではツイッター(@ringo_cri)とフェイスブック(http://www.facebook.com/CRI.Middleware)の公式アカウントを開設。最新情報を伝えていくとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  6. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

アクセスランキングをもっと見る

page top