人生にゲームをプラスするメディア

『サガ フロンティア2』20周年を祝う生の声をお届け!「心にくるテキスト」「色褪せない大作」など、読者の熱い想いがここに

『サガ』シリーズの8作目であり、プレイステーション向けに展開した『サガ フロンティア』シリーズの締めくくりを飾った『サガ フロンティア2』が、本日4月1日に20周年を迎えました。

その他 特集
『サガ フロンティア2』20周年を祝う生の声をお届け!「心にくるテキスト」「色褪せない大作」など、読者の熱い想いがここに
  • 『サガ フロンティア2』20周年を祝う生の声をお届け!「心にくるテキスト」「色褪せない大作」など、読者の熱い想いがここに

『サガ』シリーズの8作目であり、プレイステーション向けに展開した『サガ フロンティア』シリーズの締めくくりを飾った『サガ フロンティア2』が、本日4月1日に20周年を迎えました。

【関連記事】
『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る
https://www.inside-games.jp/article/2019/04/01/121462.html

この記念すべき日を祝うべく、『サガ フロンティア2』に対する熱い想いを、読者の方々から広く募集。その結果、「20周年おめでとうございます!」といった喜びの声から、リマスター化を望む要望まで、様々なご意見をいただきました。

特に忘れがたいポイントとしてあげられたのは、「心にくるテキスト」「胸を打つセリフに溢れたシナリオ」といった、本作のシナリオ面に関する点でした。印象的なシーンとして、「幼少のギュスターヴを取り巻く人間関係。誰ひとり欠けてはならない」や「ギュスターヴとフィリップの再会シーン」といった具体的な場面をチョイスした方も。言葉は少なめながらも、行間を想像させる物語に多くのユーザーが引き込まれました。

また、耳に残る音楽については、「透明感があり1つのモチーフをアレンジしながら劇中通して用いられるBGM」と賞賛する声もありました。そこに水彩調のグラフィックが相まって、世界をより美しく描写したことで、記憶により色濃く残る印象を与えることにも成功しています。

そんな『サガ フロンティア2』に対して、「とても楽しかったです」「一つの出来事をいろんな視点で見ることができ、キャラ一人ひとりに人生があることを知ることができる素晴らしいゲームでした」「色褪せない大作」など、溢れる想いを紡いだ言葉の数々も集まりました。「シリーズ中一番好きなタイトル」と、本作を強く推す声も届いています。

今回、『サガ フロンティア2』への想いを寄せてくださった方々の男女比は、男性が75.9%で、女性が24.1%。約4人に1人が女性と、男女に広く支持されていることが窺える結果に。また年齢層を見てみると、最も多かったのは30代の69.0%。20年前に遡ると、当時10代だった方々からの支持を集めており、納得の結果と言えるでしょう。また、20代(17.2%)、40代(10.3%)、10代(3.4%)と続いており、少数ながら若い世代からの支持も。

寄せていただいた想いの数々を通して、ご自身の記憶にある『サガ フロンティア2』を振り返ってみてはいかがですか。そして、シリーズの新たな展開を心待ちにしておきましょう。

◆『サガ フロンティア2』について一言! 読者からの声


・世界の合言葉は森

・サガ フロンティア2は少しさせていただきましたがとても楽しかったです

・心にくるテキストと美麗なBGMで殴りつけてくる骨太なゲームでした。もし現行機への移植があればリメイクではなく再現で是非…

・懐かしい。ジニー・ナイツの戦闘勝利時の喜び方がすきでした。

・サガフロと比べてしまうと、作品の違いが多々ありましたが、あの世界観は独特で好きでした。

・水彩画のようなグラフィック、透明感があり1つのモチーフをアレンジしながら劇中通して用いられるBGM、端的なのに胸を打つセリフに溢れたシナリオ、これらの融合度がとても高く、いつまでも印象に残るタイトルです。バトルは最初からアルティマニア片手にデュエルでサクサクと技閃いてしまいましたがw。ロマサガRSでも個人的にサガフロ2贔屓なので関連ガチャの時はかなり本気出してます。シリーズ通すと異色作と言われやすいですが、私の中ではサガシリーズ中一番好きなタイトルです。

・ハマりました! 最初がちょっと辛かったですが、慣れてしまえば苦労しないです。ただしサウスマウンドトップの戦いを除く!

・先ずは20周年おめでとうございます! サガシリーズで一番好きな作品です! ドット絵と美術的な背景の世界観が当時衝撃を受けました!

・ピアノのメロディがとても綺麗でかっこいい!

・色褪せない大作

・一つの出来事をいろんな視点で見ることができ、キャラ一人ひとりに人生があることを知ることができる素晴らしいゲームでした。新作いつまでもまっています

・おめでとうございます!!

・今でもサガフロ2のキャラ達は大好きです、おめでとうございます!

・マスコンバットが苦手でした。

・若いツバメはこれで覚えました!

・20周年おめでとうございます。印象に残っているのはギュスターヴとフィリップの再会シーンです。サガシリーズは基本的にシナリオの多くを語らず、少ないセリフの行間を読ませるスタイルですが、サガフロ2ではそれが特に冴えていました。フィリップ入室前のケルヴィンの警戒心、再会時の兄弟、それを見て静かに席を外すケルヴィンと将軍…短いシーンですが、登場人物それぞれの想いを考えると涙が出ます。サガならではの粋な魅せ方。水彩調のグラフィックと美しい音楽も相まって、いつまでも色褪せない感動です!

・おめでとう!!! リマスター熱望です!

・鉄製の武器が店に並んでるだけで感動できるRPG

・ストーリーで詰む。これぞ人生。行ってみなければ行き止まりかどうかわからない。行ってから考えるしかないのである。これが人生である。

・プレイしたのは発売当初ではなく、10年ぐらい前。歳を取ったことで却ってストーリー理解が深まったのか、サガシリーズでは一番好きなタイトルになりました。特に印象深いのは、幼少のギュスターヴを取り巻く人間関係。誰ひとり欠けてはならない

・儚い

・ストーリーもシステムも音楽も雰囲気も何もかも好き。

・私のRPGの原点です。今でも好きなゲームのトップに入ります。2人の主人公に沿った2つのストーリー、王族と庶民がそれぞれの戦いを通して1つの結末に辿り着くというのが本当によくできてるなと、感心しました。主人公の子どもや孫が主人公となるスケールの大きさ、歴史感がすごかったです。幼い頃には難易度が高く、行き詰まることもありましたが、ラスボスを倒せた時は主人公と共に、「やっと終わった…」と呆然とした記憶があります。水彩の背景も大好きでした。

・2より1の方が面白かった

・おめでとう

・柔らかな色彩のグラフィック、パターン豊富なBGMが良かったです。今でも好きなゲームです!




【20周年記事】
PS版『ToHeart』本日3月25日で20周年─健気系幼なじみにメイドロボ、黒魔術な無口先輩・・・とても一人に絞れない! 不朽の名作を今遊ぶには?
ホラーゲームの金字塔『サイレントヒル』、本日3月4日で20周年─闇と音が、静かな恐怖を引きずり出す・・・!
『マール王国の人形姫』本日12月17日で20周年─「女は行動力」なミュージカルRPGに、ちょっと嬉しい新展開が!
『NOeL3』が20周年! 美少女恋愛ゲームからまさかの「ハッキングADV」に発展─“ゲームで描いた未来”と21世紀が交わる
『R-TYPE Δ』本日11月19日で20周年! 自機の選択やΔ-ウェポンなど、シリーズに新たな魅力を加えた意欲作
『サンパギータ』本日10月15日で20周年! 名台詞も忘れられない「やるドラ」3作目は、エキゾチック・バイオレンスが展開
『御神楽少女探偵団』本日9月17日で20周年─GAMEOVERを「推理トリガー」で乗り越える、美少女+骨太推理ADV! 実は3作品目も展開
『どきどきポヤッチオ』本日9月10日で20周年─“パンの配達”と“ひと夏の恋”に少年は大忙し! notスローライフは眩しく刺激的
『ダブルキャスト』発売から今日で20周年! 爽やかな展開から陰惨なバッドエンドまでフルアニメで描く意欲的なADV
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

    テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. 『どうぶつの森』でまさかのお説教を受けた思い出─人生は一度きり…やり直しはきかへんのや!

  4. 【週刊インサイド】『ニンテンドースイッチ ライト』購入意欲アンケートに読者の関心が集中! 「サマーウォーズ」OZを再現するアプリや、中国レイヤーへのインタビューも話題に

  5. 『ドラクエ』映画公式による“ビアンカVSフローラ”の花嫁アンケートが開催!リプ欄には「デボラ/ルドマン派」も登場し盛り上がる

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る

1