人生にゲームをプラスするメディア

今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

ゲオホールディングスは、子会社であるゲオの2017年1月1日から11月30日まで、ゲオグループのゲオショップなど約1,200店で取り扱ったゲームに関するデータを統計し、新品・中古それぞれの販売数などをランキングとして公開しています。

ゲームビジネス 市場
今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開
  • 今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開
ゲオホールディングスの子会社であるゲオは、2017年1月1日から11月30日まで、ゲオグループのゲオショップなど約1,200店で取り扱ったゲームに関するデータを統計し、新品・中古それぞれの販売数などをランキングとして公開しています。

以下リリースより引用

新品ゲームソフトは、カプコンの「モンスターハンター ダブルクロス」(ニンテンドー3DS)が1位、2位はスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストXI」(ニンテンドー3DS)でした。トップ10には任天堂が4タイトル、カプコン、スクウェア・エニックスがそれぞれ2タイトル、ランクインしています。

中古ゲームソフトでは、「ポケットモンスター サン・ムーン」が最も多く、次いで「モンスターハンター ダブルクロス」となっています。ゲーム機器の販売では、「Nintendo Switch」が売上トップでした。

■<新品>ゲームソフトランキング【総合】
  • 1位:モンスターハンターダブルクロス【ニンテンドー3DS】
  • 2位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて【ニンテンドー3DS】
  • 3位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて【プレイステーション4】
  • 4位:ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン【ニンテンドー3DS】
  • 5位:スプラトゥーン2【Nintendo Switch】
  • 6位:マリオカート8 デラックス【Nintendo Switch】
  • 7位:スーパーマリオ オデッセイ【Nintendo Switch】
  • 8位:コール オブ デューティ ワールドウォーII【プレイステーション4】
  • 9位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Nintendo Switch】
  • 10位:バイオハザード7 レジデントイービル グロテスクVer.【プレイステーション4】
  • 11位:NieR:Automata【プレイステーション4】
  • 12位:Ghost Recon Wildlands【プレイステーション4】
  • 13位:Horizon Zero Dawn【プレイステーション4】
  • 14位:ポケットモンスター サン・ムーン【ニンテンドー3DS】
  • 15位:仁王【プレイステーション4】
  • 16位:スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS【ニンテンドー3DS】
  • 17位:キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ【プレイステーション4】
  • 18位:ARK: Survival Evolved【プレイステーション4】
  • 19位:New みんなのGOLF【プレイステーション4】
  • 20位:ARMS【Nintendo Switch】
  • 21位:スナックワールド トレジャラーズ【ニンテンドー3DS】
  • 22位:グランド・セフト・オート V【プレイステーション4】
  • 23位:モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.【Nintendo Switch】
  • 24位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Wii U】
  • 25位:ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX【ニンテンドー3DS】
  • 26位:1-2-Switch(ワンツースイッチ)【Nintendo Switch】
  • 27位:キングダムハーツHD1.5+2.5リミックス【プレイステーション4】
  • 28位:GUNDAM VERSUS【プレイステーション4】
  • 29位:ウイニングイレブン 2018【プレイステーション4】
  • 30位:妖怪ウォッチ3 スキヤキ【ニンテンドー3DS】

2017年に新品ゲームソフトで最も売れたソフトは、3月に発売された3DS「モンスターハンターダブルクロス」となりました。新品、中古ともにランクインしており、非常に多くの人がプレイしていると言えます。2位、3位となった7月発売のPS4・3DS「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」は、2機種合計すると圧倒的な1 位となり、国民的タイトルであると再認識させられました。

3月に発売され、2017年のゲーム業界を圧巻したNintendo Switchのソフトが10位以内に4本入っており、それぞれ2018年以降も大きく数値を伸ばしていくと予想されます。特に「スプラトゥーン2」「スーパーマリオ オデッセイ」の2タイトルは、本体の売上にも大きく寄与しており、amiiboなどの関連グッズも大きく数を伸ばしています。また、PS4 ソフトは1~10 位では2タイトルながら、11~20位では7タイトル入っており、今後Nintendo SwitchとPS4が席巻していくと言えます。(株式会社ゲオ メディア商品部 メディア商品2課 武藤 崇史)

■<中古>ゲームソフトランキング【総合】
  • 1位:ポケットモンスター サン・ムーン【ニンテンドー3DS】
  • 2位:モンスターハンターダブルクロス【ニンテンドー3DS】
  • 3位:FINAL FANTASY XV【プレイステーション4】
  • 4位:モンスターハンタークロス【ニンテンドー3DS】
  • 5位:龍が如く6 命の詩。【プレイステーション4】
  • 6位:レインボーシックス シージ【プレイステーション4】
  • 7位:バトルフィールド 1【プレイステーション4】
  • 8位:ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア【ニンテンドー3DS】
  • 9位:NieR:Automata【プレイステーション4】
  • 10位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて【プレイステーション4】
  • 11位:ポケットモンスター X・Y【ニンテンドー3DS】
  • 12位:Ghost Recon Wildlands【プレイステーション4】
  • 13位:バイオハザード7 レジデントイービル グロテスクVer.【プレイステーション4】
  • 14位:ペルソナ5【プレイステーション4】
  • 15位:仁王【プレイステーション4】
  • 16位:マリオカート8 デラックス【Nintendo Switch】
  • 17位:スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS【ニンテンドー3DS】
  • 18位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて【ニンテンドー3DS】
  • 19位:グランド・セフト・オート V【プレイステーション4】
  • 20位:スプラトゥーン【Wii U】
  • 21位:大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS【ニンテンドー3DS】
  • 22位:モンスターハンター4G【ニンテンドー3DS】
  • 23位:実況パワフルプロ野球2016【プレイステーション4】
  • 24位:モンスターハンター4【ニンテンドー3DS】
  • 25位:とびだせ どうぶつの森 amiibo+【ニンテンドー3DS】
  • 26位:コール オブ デューティ ブラックオプスIII【プレイステーション4】
  • 27位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Nintendo Switch】
  • 28位:スプラトゥーン2【Nintendo Switch】
  • 29位:マリオカート7【ニンテンドー3DS】
  • 30位:モンスターストライク【ニンテンドー3DS】

2017年に中古ゲームソフトで最も売れたソフトは、ニンテンドー3DSの「ポケットモンスター サン・ムーン」でした。2位、4位に「モンスターハンタークロス」が入りました。特に「モンスターハンターダブルクロス」は今年3月の発売でしたが、2位にランクインとシリーズの人気をうかがわせます。

3位はPS4「FINAL FANTASY XV」でした。昨年11月末の発売以降、1年間にわたってコンスタントに高い売上を示した結果です。それ以外のタイトルでは、今年登場したNintendo Switchの人気作やPS4・ニンテンドー3DS「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」などが、それぞれ販売期間は短いながら、発売以降高い売買数値を維持し、ランキングに食い込んできました。機種の動向として、昨年はランクインしていたPS3タイトルが上位50位以内に入らなくなり、PS4への移行が進んでいる印象を受けます。(株式会社ゲオ メディア商品部メディア2課 海津 祐樹)

■<新品>ゲーム機器売上ランキング
  • 1位:Nintendo Switch【任天堂】
  • 2位:PlayStation4【SIE】
  • 3位:ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン【任天堂】
  • 4位:Newニンテンドー3DS LL【任天堂】
  • 5位:Newニンテンドー2DS LL【任天堂】
  • 6位:PlayStation Vita【SIE】
  • 7位:PlayStation4 PRo【SIE】
  • 8位:ニンテンドー2DS【任天堂】
  • 9位:ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ【任天堂】
  • 10位:PlayStation3【SIE】


■<中古>ゲーム機器売上ランキング
  • 1位:PlayStation4【SIE】
  • 2位:Newニンテンドー3DS LL【任天堂】
  • 3位:PlayStation3【SIE】
  • 4位:PlayStation Vita Wi- Fi モデル【SIE】
  • 5位:PlayStation4 Pro【SIE】
  • 6位:Wii U【任天堂】
  • 7位:ニンテンドー3DS LL【任天堂】
  • 8位:ニンテンドー3DS4【任天堂】
  • 9位:Nintendo Switch【任天堂】
  • 10位:Wii【任天堂】


Copyright(C)2011-2017 GEO CORPORATION All rights reserved.
《FiveFinger》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  4. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  7. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  8. BBCで放映された任天堂ドキュメンタリー詳細+画像

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 【DEVELOPER'S TALK】音ゲー、コーデ、キラキラ感。3DSタイトル『プリティーリズム マイ☆デコレインボーウエディング』にみるミドルウェアで実現した女児向けゲーム開発のこだわりとは?

アクセスランキングをもっと見る