人生にゲームをプラスするメディア

任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

ゲームビジネス その他

任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も
  • 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も
海外でYouTuberとして活動しているJoe “Angry Joe” Vargas氏。YouTubeでゲームプレイを配信することで人気を博している同氏の映像が、任天堂アメリカによって削除されていたことが、海外ユーザーの間で話題になっています。

任天堂アメリカが著作権侵害を申し立てたのは、Angry Joe氏が公開していた『マリオパーティ10』プレイ映像。Angry Joe氏は7年近くゲームプレイ映像の配信を行い続けており、独特の語り口から多くのユーザーの間で話題になっていました。任天堂アメリカの申し立ての末に、同氏の「Angry Joe Plays Mario Party 10!」映像は削除されましたが、これに対してAngry Joe氏は「Final Nintendo Angry Rant! - Anti-Youtuber Policies」をアップロードしました。



10分超にわたって映されるこのムービーの中で、同氏は「任天堂のゲームハードにはこれまで900ドルほど費やしてきた」と語りながら、「(任天堂を指して)彼らは私がゲームプレイ映像を共有することにすらお金を求めている」と怒りを露わにしています。今まで多くのゲームプレイ映像を公開してきた同氏ですが、Twitterでは「(削除された映像が)私にとって最後の任天堂ゲームのプレイ映像になるだろう」と言ったコメントも投稿しています。

また、任天堂は先日よりクリエイタープログラムと呼ばれるYouTube向けアフィリエイトプログラムを公開していました。これは「任天堂の著作物が含まれる動画から得られる広告収益をユーザーと分かち合うサービス」として発表されています。Angry Joe氏の映像が受けた「申し立て」がこのプログラムと関与しているかどうかは定かでない模様ですが、任天堂が公開しているクリエイタープログラム対象タイトルに『マリオパーティ10』は含まれていませんでした。

そして、この件に関して『God of War』開発者デイビッド・ジャッフェ氏は「私はゲーム配信が大好きなんだ」と口火を切りながら、企業が持つ権利に対し不満をぶつける一部の「傲慢な配信者」を問題視するTweetを投稿。ジャッフェ氏は一連のTweetの中で、それぞれの企業が持つ「ゲーム配信」への姿勢は尊重すべきであると語りながら、「私はゲーム配信を愛してるし、みんなには私達のゲームをどんどん配信して欲しいと思ってるんだ!」ともコメントしています。

現在もAngry Joe氏のファンやTwitterフォロワーの間では、様々な議論が交わされている模様。YouTubeやTwitchなどで盛んになっている「ゲーム配信」カルチャーですが、今後もユーザー/企業間のモラルが問われる重要な問題として、多くのゲーマーから注目視されていくのではないでしょうか。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

    セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  2. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

    「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  3. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  4. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

  5. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  6. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 崩壊した宇宙ステーションから地球を目指すVR対応サバイバルゲーム『ADR1FT』PC版は3月28日発売、Oculusローンチタイトルへ

  9. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  10. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

アクセスランキングをもっと見る