人生にゲームをプラスするメディア

株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

株式会社そらゆめは、6月2日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けました。

ゲームビジネス 市場
株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営
  • 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営
株式会社そらゆめは、6月2日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けました。 同社の負債は、債権者約3270名(うち一般消費者は約3000名)に対し約2億4100万円です。

2005年9月に設立された同社は、『ひぐらしうみねこカードバトル』をはじめとしたモバイル向けゲームの企画・開発・提供・運営。大手携帯キャリア向けに、WEBゲーム、Flashゲーム、Flashコンテンツの企画・開発を行っていました。さらに、コンテンツ運営では、モバイル向けサイト/携帯キャリア公式サイトの企画・開発・運営に関わっていたそうです。

同社は、前述した『ひぐらしうみねこカードバトル』をはじめとしたゲームコンテンツのヒットにより、2011年3月期に年収入高約7300万円を計上。2012年3月期には、年収入高は約5億3900万円を計上していました。

そして、アニメ・ゲーム・クリエイター作品を中心に、クラウドファンディング型販売・完全受注生産に特化したショッピングプラットフォーム「CROSSクラウドファンディング」の運営も開始。しかし、この業容拡大に伴う販管費の負担は重く、今回の措置になったそうです。

なお、株式会社そらゆめと「CROSSクラウドファンディング」の公式サイトは、現在アクセス不可の状態に。『ひぐらしうみねこカードバトル』も、サービスの停止がハンゲームよりアナウンスされています。
《真ゲマ》

『ドラゴンフォース』が一番好き 真ゲマ

吉田輝和の絵日記やトイレオブザイヤー、ギャグ漫画「ヴァンパイアハンター・トド丸」、洋ゲー漫画「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」など、これまでゲームメディア業界に影響を与える様々な企画を立ち上げてきました。他社メディアでも活動中なので、気軽にお仕事の依頼をお願いします。 ちなみに、ユウキレイ先生が手掛ける4コマ漫画「まほろば小町ハルヒノさん」(まんがタイムで連載中)で教師役として出演中です。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  2. 神奈川県が『GTA3』を有害図書に指定、カプコンは法的措置も

    神奈川県が『GTA3』を有害図書に指定、カプコンは法的措置も

  3. 日本一ソフトウェア北米子会社元社長、新会社「プリップアップ」を設立

    日本一ソフトウェア北米子会社元社長、新会社「プリップアップ」を設立

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. “ビットサミットの父”ジェームズ・ミルキーが日本のインディーシーンを語る

  6. 「支払いたいだけ支払う」Pay What You Want: 欧米で広がる新たなゲーム販売・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第21回

アクセスランキングをもっと見る