人生にゲームをプラスするメディア

『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

レア社が開発し、任天堂が発売していた、国内ではNINTENDO 64で2作品が発売された3Dアクションシリーズでしたが、実はその後にGBAで発売された『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』(Banjo-Kazooie: Grunty's Revenge)という作品がGBAで海外のみで発売されています(発売元THQ/開発レア社)。

ゲームビジネス その他

バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
レア社が開発し、任天堂が発売していた、国内ではNINTENDO 64で2作品が発売された3Dアクションシリーズでしたが、実はその後にGBAで発売された『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』(Banjo-Kazooie: Grunty's Revenge)という作品がGBAで海外のみで発売されています(発売元THQ/開発レア社)。

国内では発売されていませんでしたが、携帯向けコンテンツを配信するソケッツ(旧社名: メディアソケット)が、「海外人気ゲーム」にてi-mode向けに配信を開始しています。シリーズのファンにとっては朗報と言えそうです。



『バンジョーとカズーイの大冒険』は、クマのバンジョーと鳥のカズーイが主人公のアクションゲームです。本作ではバンジョーを操作し、魔法で過去に連れ去られた相棒のカズーイを助け出し、魔女のグランティをこらしめに行きます。アクションに謎解き要素が満載のゲームプレイが楽しめます。

FOMAの900/703シリーズ以降に対応しており、売り切りで315円です。「海外人気ゲーム」へのアクセス方法は、iメニューのトップから、「メニュー/検索」→「ミニゲーム」→「海外人気ゲーム」です。

Sockets Inc.
(C)Microsoft/Rare Ltd (C)IN-FUSIO
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム開発者の生活や仕事面をアンケートで調査─男性はエンジニア系、女性はアーティスト系で活躍! 就業時間や支援などで性別差は見られず

    ゲーム開発者の生活や仕事面をアンケートで調査─男性はエンジニア系、女性はアーティスト系で活躍! 就業時間や支援などで性別差は見られず

  2. 【週間売上ランキング】 トップはドラゴンボールZメテオ(10/1-7)

    【週間売上ランキング】 トップはドラゴンボールZメテオ(10/1-7)

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  5. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  6. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  7. 爽快なアクションと壮大な物語がロンチから楽しめる、PS Vita『ロード オブ アポカリプス』

  8. Wikipedia編集合戦―あらゆる企業・公官庁が参戦していた!?/任天堂・ソニーまで

  9. 「テイルズ オブ」一番人気は誰!? 人気投票がスタート

  10. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

アクセスランキングをもっと見る