人生にゲームをプラスするメディア

『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

レア社が開発し、任天堂が発売していた、国内ではNINTENDO 64で2作品が発売された3Dアクションシリーズでしたが、実はその後にGBAで発売された『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』(Banjo-Kazooie: Grunty's Revenge)という作品がGBAで海外のみで発売されています(発売元THQ/開発レア社)。

ゲームビジネス その他
バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
レア社が開発し、任天堂が発売していた、国内ではNINTENDO 64で2作品が発売された3Dアクションシリーズでしたが、実はその後にGBAで発売された『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』(Banjo-Kazooie: Grunty's Revenge)という作品がGBAで海外のみで発売されています(発売元THQ/開発レア社)。

国内では発売されていませんでしたが、携帯向けコンテンツを配信するソケッツ(旧社名: メディアソケット)が、「海外人気ゲーム」にてi-mode向けに配信を開始しています。シリーズのファンにとっては朗報と言えそうです。



『バンジョーとカズーイの大冒険』は、クマのバンジョーと鳥のカズーイが主人公のアクションゲームです。本作ではバンジョーを操作し、魔法で過去に連れ去られた相棒のカズーイを助け出し、魔女のグランティをこらしめに行きます。アクションに謎解き要素が満載のゲームプレイが楽しめます。

FOMAの900/703シリーズ以降に対応しており、売り切りで315円です。「海外人気ゲーム」へのアクセス方法は、iメニューのトップから、「メニュー/検索」→「ミニゲーム」→「海外人気ゲーム」です。

Sockets Inc.
(C)Microsoft/Rare Ltd (C)IN-FUSIO
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

    カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. SIEがオリジナルIPのAAAタイトルを開発中―新興スタジオと共同開発を進めていることを発表【SUMMER GAME FEST】

    SIEがオリジナルIPのAAAタイトルを開発中―新興スタジオと共同開発を進めていることを発表【SUMMER GAME FEST】

  4. これは実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表

  5. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  6. 任天堂、ロゴを変更?

  7. 【CEDEC 2012】『パズル&ドラゴンズ』のヒットを支えたのは嫁の力?

  8. ハドソンに爆破予告で29歳男性が逮捕―『桃鉄』の要望聞き入れられず

  9. 【ESCONF TOKYO】e-Sportsを学校で取り入れるべき理由とは?e-Sportsと教育は切り離せない関係に

  10. バンダイナムコとアタリが欧州でのゲーム販売について提携

アクセスランキングをもっと見る