人生にゲームをプラスするメディア

『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

レア社が開発し、任天堂が発売していた、国内ではNINTENDO 64で2作品が発売された3Dアクションシリーズでしたが、実はその後にGBAで発売された『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』(Banjo-Kazooie: Grunty's Revenge)という作品がGBAで海外のみで発売されています(発売元THQ/開発レア社)。

ゲームビジネス その他
バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
  • バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐
レア社が開発し、任天堂が発売していた、国内ではNINTENDO 64で2作品が発売された3Dアクションシリーズでしたが、実はその後にGBAで発売された『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』(Banjo-Kazooie: Grunty's Revenge)という作品がGBAで海外のみで発売されています(発売元THQ/開発レア社)。

国内では発売されていませんでしたが、携帯向けコンテンツを配信するソケッツ(旧社名: メディアソケット)が、「海外人気ゲーム」にてi-mode向けに配信を開始しています。シリーズのファンにとっては朗報と言えそうです。



『バンジョーとカズーイの大冒険』は、クマのバンジョーと鳥のカズーイが主人公のアクションゲームです。本作ではバンジョーを操作し、魔法で過去に連れ去られた相棒のカズーイを助け出し、魔女のグランティをこらしめに行きます。アクションに謎解き要素が満載のゲームプレイが楽しめます。

FOMAの900/703シリーズ以降に対応しており、売り切りで315円です。「海外人気ゲーム」へのアクセス方法は、iメニューのトップから、「メニュー/検索」→「ミニゲーム」→「海外人気ゲーム」です。

Sockets Inc.
(C)Microsoft/Rare Ltd (C)IN-FUSIO
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂が65歳定年制を導入

    任天堂が65歳定年制を導入

  2. 【CEDEC 2014】『ワンピース』を支える「JETエンジン」、ガンバリオンは何故ゲームエンジンを内製するのか?

    【CEDEC 2014】『ワンピース』を支える「JETエンジン」、ガンバリオンは何故ゲームエンジンを内製するのか?

  3. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  4. 『エピック ミッキー2』昨年末までの北米売り上げ本数は27万本

  5. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  6. 【CEDEC 2012】開発環境共通化の意義とメリット ― カプコン「MT FRAMEWORK」の場合

  7. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

アクセスランキングをもっと見る