人生にゲームをプラスするメディア

戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

ゲームビジネス 開発

戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け
  • 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け
  • 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け
  • 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け
  • 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け
  • 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け
  • 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

怖すぎるホラーゲームとして有名な『Outlast』の続編となる『Outlast 2』を現在開発中のデベロッパーRed Barrelsは、同作向けの専用おむつ「Underscares」を発表し、Kickstarterキャンペーンを開始しました。


『Outlast』のリリース後に、ファンから「漏らして下着が汚れた」といった報告を多数受け取たことから制作されたこの「Underscares」。記事冒頭に掲載した映像では専門化らしき人物による解説や機能性のテストシーンが披露されています。


通常版Underscares

目標金額は40,000カナダドルとなっており、5カナダドル、10カナダドル、55カナダドル、75カナダドル、6,666カナダドルでのプレッジ層が用意されています。

■5カナダドル: 「Thank You」
・デジタル/フィジカルリワードなし

■10カナダドル: 「Underscares DIY Kit」
・印刷可能なUnderscaresの型紙PDF
・縫い付け可能な『Outlast 2』パッチ

■55カナダドル: 「Basic Underscares + Outlast 2 Steam Key」
・通常版Underscares
・『Outlast 2』Steamキー

■75カナダドル: 「Basic Underscares + Outlast 2 Steam Key」
・デラックス版Underscares
・『Outlast 2』Steamキー

■6,666カナダドル: 「The Outlast Chapel」
・デラックス版Underscares(6個)
・『Outlast 2』Steamキー(6個)
・縫い付け可能な『Outlast 2』パッチ(6個)
・Outlast Chapel(PAX Eastでの展示物、送料はバッカー負担)


デラックス版Underscares


Outlast Chapel


この「Underscares」があればゲームの途中で下着を変える必要がなくなりますね! 『Outlast 2』はPS4/Xbox One/PCを対象に2017年Q1海外リリース予定です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  9. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  10. 【CEDEC2013】静的解析で開発現場はどう変わったのか――自動化が変えたソフトウェア品質

アクセスランキングをもっと見る